10 ,2009

海外青年協力隊にいくまで,そして活動報告も含めながら内容をUPしていきたいとおもいます。 いろいろコメントもらえると嬉しいなぁo(^皿^)o


プロフィール

ライオンさん

Author:ライオンさん
Hi! This blog is state of my life of Ethiopia.
I've been living in there as volunteer.
If you could, You can feel free to write your comment!

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

アベシャネーム

アベシャとはエチオピア人の総称だ。

最近アベシャネームをよくつけられる。

他の隊員はいろいろつけられている。

コンジツ・・・美しい人(女性に多い)
ツァハイ・・・太陽
バハル・・・海
アベバ・・・花(ちなみに首都アディスアベバはアディスアベバ=新しい花の意味)
他にも忘れたが、6月の雨や短パン小僧と呼ばれている人もいる。

今回2つ名前をもらったが

1つめ
クトゥルソウ・・・・通称の人
 よく意味がわからないが、聞けば知識の人という意味や通訳の人という意味らしい。
 そんなインテリじゃないな(笑)

2つめ
タンカラ・・・マッチョ、強い人?
 これまたなんでついたかわからんけども、そういう意味らしい。
 5キロもやせたのに?(笑)

でも、最後は自分の名前で押しました。

もらうなら、学校の職員が決めてくれるのでその名前を大事にしたい。
子供たちに呼んでほしいなぁ^^

スポンサーサイト

30

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

人生の転機
今日は自分でも記念すべき日。

ちょうど1年前、郵便局にJICAの申込書を投函した日だ。

この日から、いろんなことが楽しくなった。

この日から、毎日の生活が楽しくてしょうがなかった。

しんどいときも、”あぁこれも任国にいったらいい経験だ”と思うようになった。


いろいろ考えて、いろいろ悩んでだした申込書。

申し込むまで、たくさんの人に学ばせてもらったこと

申し込んでからのたくさんの人からの応援

本当にありがとうございます。

これからもがんばります!!

マイペースで・・・

29

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

猫救出作戦!
今日はアムハラ語のハレグ先生がお休みで、代わりにアステル先生という方が来られた。
アステル先生は英語も喋れて、4人の子供をも若いお母さんという感じだ。

帰ってドミにいると、隣の部屋から・・・

ミャー・・・ミャー・・

ん!?猫か!猫は厄介だ。ごみはあさるわ、布団で寝られたらノミ・ダニを振りまき、オシッコはめっちゃくさい。
そんな猫がドミに!?早く追い出すんだ!!

捜索開始!

第1次偵察部隊、女子大部屋に投入。入念に捜索するも目標見つからず。
目標の出方をみるため、一時撤退されたし。

5分後・・・

ミャー・・・ミャー・・・

目標再び移動開始!
編隊し第2陣捜索部隊を部屋に投入。

捜索開始10分後。

枕の下に目標発見!!

目標は子猫の様子!びっくりして、ドア方面に逃亡するもガラス張りに気づかずドアに激突。
別の部屋の物置に逃げこんだ模様。退路を確保し外へ誘導されたし。

誘導しようと逃げ場の方に追いやってみるが・・・猫はいっこうに出てこない!

この時点で救出作戦に移行。

救出時間の猶予は晩御飯ができるまで!あと20分しかない!!
救出難航にしびれをきらした猿渡隊長(シェフ猿渡)
猿渡隊長は、頭にヘッドライト、短パン半そで、手には脅し用にしゅろ箒という異様な格好で猫捕獲に取り組む。

結局猫は捕まえられず・・・。

※次の日猫は、勝手に開いているドアから出て行きました。

28

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

障害者
街中で見る車椅子。

110101.jpg

車通りの多いこの車道の脇で車椅子がある。
定期的にとまるバスの中の乗客にお金を恵んでもらっている。
もちろんたくさんもらえる日もあれば、一切もらえない日もある。

手に靴をはき、動かない下半身にゴム袋を巻いてズリズリと歩道を移動する。
彼の視線はいつも上目。彼を見る視線は皆子供だろうと下。
「神のご加護を・・。」
とお金を恵んでもらう。

生まれてまもなく、失明する人もいる。
生まれてまもなく、また発症してまもなく一滴の目薬をうてば免れる失明もある。
その1滴の目薬もうてない・・・
ひたすら神に祈りながら手を前に出してお金をまつ。
杖を使いながら、舗装されたとはお世辞にもいえない道を歩き移動していく。
縄張りが決まっているので、移動しなければならない。

かと思えばきれいなスーツを着たおじさんは足が不自由だが
ピザ屋のテラスで大声をあげながらビールを飲む。
裕福に生まれれば、あんな風に過ごしていけるんだ。


先日10ブル札が落ちていた。
どうして、自分が見つけたのかなぁと感じた。
自分じゃない、だれかもっと苦しい生活をしている人の前に落ちていたら
この10ブルはもっと生きた使い方ができていたのかなと感じた。

そのままにしていても誰かに拾われる。
自分が拾って、そのお金を恵まれない人に渡す?

結局拾ったんだけど・・・

その拾った10ブルは、使うことに躊躇している。
こんなこと考えたことなかった。
日本にいれば
「ラッキー!」
で済んだけど、ここではお金はもっと違う感覚に感じる。

基本自分はお金は渡したくない。
いろんな葛藤はあるのだけれど・・・

物乞いはひとつの職業だという人もいる。
自分が助けたいと思った人に渡す人もいる。

こうしてあげたい!とかこうすべきだ!とかそんなたいそうなことは
考えれなかったけど、何か自分の中に忘れたくないと感じたものがあった。

みんなは、どう感じるかなぁ・・・

27

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

アウトドアレッスン

 今日はアウトドアレッスンだった。
 教室を飛び出し、街中で実際にアムハラ語を話そうということだ。

 いくつか行き場所は決まっている。
 エチオピア国立博物館
 アディスアベバ大学
 プライマリースクール 等・・・

 私が行ったのは、エチオピア国立博物館

 エチオピアは人類発祥の地と言われるくらい歴史は長い。
 長い皇帝政権を経て、今は連邦民主主義の政治を行っている。
 
 エチオピアが最古の人類がいたことで有名なのが
  
 「ルーシー」だ。

 アウストラロピテクスのルーシーは、1974年11月30日にエチオピア北東部ハダール村付近で発見された約350万年前の化石人骨。

 アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の中で最も初期に発見されたものの一つとして、また、全身の約40%にあたる骨がまとまって見つかったという資料上の貴重さから、広く知られている。


 他にも当時の石器や土器が飾られていて、エチオピアの歴史を知ることができた。
 
 見学途中から、立つのもしんどくなりドミに帰って熱を計ると7度・・・
 やっちゃった・・・ついに、エチオピアに来て1ヶ月・・・疲れが出たか・・・
  
 薬を飲んで午後はひたすら寝ると、熱は下がっていた!

 幸いなことに、この日の晩は派遣隊員の家族が活動の様子を見に来る日だったので、
 日本食にありつけた!
 日本の米やとろろ、納豆、柿ピーやキャベツ太郎までとお菓子も充実!

 少し食欲がでて食べました。

 何気においてあった体重計にのってびっくりしました。

 なんと5キロ減・・・・

 うーん、実感はないのになぁ・・・男性隊員にはよくあることらしいです。
 しかし、1ヶ月で5キロ減は・・・(苦笑)

 ま、いいや!おやすみなさーい!

26

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

買い物
いつも野菜はこのオープンマーケットで買っている。
山積みにされた野菜は、毎日常温で出しっぱなしなので野菜をよくみて買う。

102801.jpg


アムハラ語で買い物をするのが楽しくてしょうがない。
おばちゃんや少年と、

「この野菜、アムハラ語でなんていうの?」

「いくら?20!?たかいよ!負けてよ!」

「ありがとう!またくるね!」

102802.jpg


このやり取りが楽しい。
元気がないときも、ここにくれば元気がでる。

さて、今日はなにをかっていこうかな?

25

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

バハルダール弾丸旅行 vol.3

今日は、タナ湖の島々に立てられた教会を散策

 船の上でペリカン発見

 102610.jpg

 教会はどこもきれいで昔のままの雰囲気を保っていました。たくさんの信者がそこに通ってはお祈りをしていきます。ガイドは

 この島には、毒草があるから触れるな!と教えてくれました。
 半そでなんすけど・・・

 島は手付かずの島々で、まるでジャングルでした。実際、獣道のおくに教会はあります。
 教会の絵には、受胎告知やイエスの生まれる瞬間(3賢者と星)が描かれていました。

 102611.jpg

 これはパピルスという草を乾燥させて作った舟。若干沈んでますが浮きます。少年今日は大量のようです。実はパピルスは日本にも小さいものなら生えてますよ^^
 つりの餌は、パンかインジェラだそうです。やはり魚もインジェラ好きか・・・・


 102622.jpg

 一見色さえ気にしなければ泳げそうなこのタナ湖。
 とんでもない!住血吸虫がいるんです!詳しくはウィキペディアで調べてね!
 要は人の体内に入り込む寄生虫で、最終的に死にます!しかし、地域住民はバンバン泳いでます!たくましいですな!!

 こちらバハルの市場

 102614.jpg

 スパイスやお米もうってますよ^^

 102613.jpg

 ちょっと一休み!こちらチマキというフルーツジュース。
 100パーセント果汁で、これはスプリートという全部入れ。パイン・イチゴ・パパイヤ・マンゴー・アボガド・グァバ・オレンジという感じでジョッキに入ってなんと6ブル(42円)・・・ありえない・・・
 ライムを搾っていただきます。味は、言わずもがなですね。

 102615.jpg

 エチオピアでは、男性同士でも仲がいいと手をつなぎます。
 街中では、しょっちゅうです。急いで車道を横断するときでもはなしません。

102612.jpg

 いよいよ旅の締めくくり、これはバハルダールの隊員たちです。今は日本人はこの人たちと+αです。

 地方隊員がんばるぞ!おー!

 102617.jpg



 ※近日のブログ更新が遅れたことをお詫び申し上げます。
   (停電・バハルへの事前研修準備・寝てたり・・等)

24

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

バハルダール弾丸旅行 vol.2

ムスリム(イスラム教の巡礼)の放送で、やかましくて起きる。

ホテルのあたりはこんな感じ・・・
102608.jpg

タナ湖の湖畔にあるのでこんなかんじ・・・

102609.jpg

朝食を食べます。
朝日が水面に反射してきれいです。

102621.jpg

 今日は家探しです!
 大家さんと一緒に家を見て回りました。
 1件目。
 めっちゃきれいです。リビングは20畳くらいあります。寝室(ベッドはダブル)あります。シャワー室・シンク付き。家具つきです。

 2件目
 でかすぎです。家具なんか全部揃ってリビングも25畳くらい。ゲストルームが3つに風呂が2つ・・・。もちろんキッチンも・・・。

 3軒目
 いまいち

 4件目
 いまいち

 5件目
 決めた!
 ここはまだ、掃除はされてないがゲストルームが1つ、ベッドルーム1つ、リビングは20畳くらい、シャワーもあります。一番うれしいのは、庭!パパイヤ・マンゴー・グァバの木があり食べ放題。畑もあったので家庭菜園でなんか育てようと思います。大根とかトマト・ニラ・バジル・いろいろ・・・すでに野生化したトマトもありました。大家さんもバハルダール大学の獣医教授ということでお金の面ももめそうになく人がよかったので決めました。

 また、住んだらアップします。

 先輩隊員の家で一休み・・・
 こちら先輩隊員の番犬 トッパー

 102616.jpg

 明日は、町を散策します。
 

23

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

バハルダール弾丸旅行 vol.1

携帯の目覚ましでおきて、準備をし出発!

まだ4時半です。眠い目をこすりながらチェックイン。
そして、エチオピアでは当たり前の時間通り飛ばないので約40分遅れて出発。

プロペラ機ですか・・・・

102601.jpg

バハルダール空港に到着
市役所みたいですね・・・

102602.jpg

着いて荷物を預けて、職場へ挨拶しに

校門

102605.jpg


これが私の赴任するクルク・アルメダ小学校です。

102603.jpg

職員食堂です。
102604.jpg


 挨拶を済ませて、近くのエチオピア人と仲良くなり半信半疑でチャリンコで片道1時間のサイクリングに2人で行きました。彼の名はTOM。親切にも街中を案内してくれました。TOMはバハルダール大学の学生で20歳の青年です。お礼にコーラをおごってバイバイしました。(薄謝とは言わないで・・・)

 ホテルの部屋に入ってびっくりです。ナンカの手違いが・・・

 ダブルです。・・・・男二人で・・・・・

 102620.jpg

 しかもベッドカバーもサテン生地で、ハートのフリルが付いています・・・

 おやすみなさい・・・・

 102606.jpg

22

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

アメーリカーン!
3時のおやつに同期の女性隊員がクレープを作ってくれた。
りんごを甘く煮た甘いジャムペーストとクレープ生地だ。
でも、牛乳かと思って使ったものがヨーグルトだと気づくのには遅かった!
生地から作るので、小麦粉?と卵・牛乳・ベーキングパウダー少々らしい。

この牛乳がヨーグルト・・・もったいない!焼きます!
できた生地は、インジェラと同じくすっぱいです。
さっそく巻いてパク・・・・

うまい!!

美味しかったので、いつも掃除してくれているマミチャン(エチオピアではお手伝いさんをそう呼ぶ)にあげてみた。
すると、

「オォ!ジャパンジェラ!」

と気の利いたネーミングをつけて食べてくれた。

夕方は、先日のアメリカ大使館の一人ショーンの家にパーティーにいった。

やっぱでかい!
 
バスケットコートあるわ、その倍の芝生の庭あるわ、駐車場ランクル5台とめれる位のスペースあるわ、ジェネレーターあるわ
地下室あるわ、んでもって地下2階もあるわ、トレーニングマシーンある部屋あるわ   

・・・はぁ、はぁ・・・(休憩)

卓球台あるわ、テーブル・ソファがでーんと100平方メートルくらいのスペースあるわ、でかい液晶テレビあるわ、そこにWiiあるわ、・・・あと・・・あと・・・犬いるわで
すごかったです!

こんな生活してんのか!?という感じでした。

すげーな!アメリカ!!!!!

明日は午前4時にバハルに出発なのに、1時に寝ました・・・(泣)

21

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

JICA事務所
いつも通ってる事務所はこんな感じ。

102619.jpg

全面ピカピカのガラス張りでエチオピアではちょっとういてる感じのビル。
エレベーターもあるんですが、よく停電するんで閉じ込められます。

事務所は6階と7階。
健康のため毎日、階段で登ってます。
登っていると、心臓が破裂しそうになります。
なんせここは2500メートル。酸素が薄すぎて死にそうです。

102618.jpg


今週末はバハルダール(任地)に行く予定です。
飛行機で1時間くらいらしいです。大きな湖・タナ湖・・・楽しみだなぁ。

20

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

マルカート
昨日できななったSKYPEを今日こそは!と約束。
しかし、そこはエチオピア。やってくれました。

停電です。

結局今日もできませんでした。

その後、観光とういう職種で派遣されている方と東アフリカ一でかいといわれる市場マルカートにいってきました。

マルカートとは・・・

東アフリカ最大の市場であり、語源はマーケットからきているらしい。
店は大きいものから小さいものまで、しかも入り組んだ迷路のようだ。
ドンキホーテのように圧縮陳列された区画が何十メートルもあることを想像してくれたらいい。
しかも、そのセクションがいくつも・・・

品揃えがおおく、ここマルカートでそろわないものは他ではないというくらい物が豊富だ。
しかし、反面人も多く、スリや引ったくりもめちゃくちゃいる。よく隊員はここで携帯やお金を持っていかれている。
しかも、犯罪も多い。


そんな中、圧力鍋がほしくて買っちゃいました。
気圧が下がると、沸点が下がります。
だから、パスタ茹でたりご飯炊くとき芯が残ったりします。
しかし、圧力鍋はその問題点を解消してくれるのでほしかったんです!

3軒まわって、価格を競わせますが最近物価の上昇に伴いなかなか値が下がりません。
最初値切ってて、商品が展示品だったので店員さんに新しいのくれ。というと、全然違う商品を持ってきた。しかも安いやつ!

違うじゃん!

というとしぶしぶ持ってくる。
早速新品の中身を確認。
ここエチオピアはどんなに新品でも、部品が足らないことや故障していることが当たり前なのだ!

案の定、ネジがない!

それ見ろ!交換だ!というと「チッ」と舌打ち。

何回舌打ちをしてもいいから、早くネジよこせーーーーーーー!

とまぁ、ここまでして購入に至りました。
結構気に入ってます v(^^)v

※マルカートはデジカメ怖くてもっていけません。ごめんなさい!

19

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ごめんなさい
今日親と連絡しようと思ったらねちゃいました。

SKYPEというソフトを使うと、IP電話なのでインターネットにつながっていれば
いくらでも話せちゃう便利なフリーソフトです。
マイクは必要ですが、手っ取り早いのはパソコンのマイクの差込口に
イヤホンをさしてイヤホンのスピーカーに向かって話すと話せます。

(原理は面倒だから省略。もちろんちゃんとしたマイクの方が音質はいい。)


しかも、カメラがあればテレビ電話までできちゃうという・・・まぁ・・
便利な世の中ですね!

もちろん国際電話も構内通話もアカウントをもっていれば誰とでもできます。
でも、固定電話や携帯には有料ですよ?あくまでパソコン同士なら無料です!

しかもフリーソフト!!!

んで、話が戻りますがそれを日本と時差があるので、時間を決めて約束したんですが寝ちゃいました。

ごめんなさい。

おかあさん。

18

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

アメリカ VS 日本
お昼までゴロゴロしてました。
お昼から、アメリカ大使館やICS(インターナショナルコミュニティースクール)や海兵の人たちとソフトボールをしました。
試合場所は、ICSのグランド。厳重なIDチェックが行われた後、入場を許されます。

101810.jpg


中に入るとそこは、本当にエチオピアかなぁ?というところでした。
カフェテリア、グランド、陸上トラック、サッカー用の芝生、ソフトボール用の芝生コート(サッカーとは別にあります!)、バスケットコート・・・

うーん・・・アメリカンな感じです。
ゲームの前に、アメリカや日本の大使館職員の婦人方が手料理を作ってきます。
これがまた、うまい!!
ホットドッグやポテトサラダ、サルサのディップソース、デザート、そして日本大使館陣は・・・・すし!!!太巻き!!!
やきそば!!!!

101809.jpg


あぁ・・なんて天国なんだろう・・・・

せっかくの交流の場なのに、同期の隊員も交流する余裕すらないくらいがっついてました。
自分を含め見苦しかったと思います・・・
暫くして、余裕出てきたのでアメリカ大使館の方とお話をしました。
彼女の名はケリー。ケリーは北海道で英語教師の経験があるので日本語もまぁまぁいけます。

程なくゲーム開始。かなり楽しいゲームでした。
ちなみに大人数で1ゲームしたので偶数・奇数のイニングに別れゲームをしました。
一応2打席1安打でした。1点返したしご飯のお礼は返したということで・・・
しかし、負けました・・・

観戦していると、

ん?

101811.jpg


リクガメだ!
なんとこのスクールの中でリクガメがいました。でかいっすね!

帰ってゆっくりしていると、今日試合したアメリカの人たちと飲まないかと誘われ行きました。
いろんな話を聞けて楽しかったし、オーラルやリスニングの練習にもなったし充実した1日でした!

101812.jpg

17

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

体育セミナー
先週行けなかった体育隊員の現地体育教員に向けたセミナーにいった。
この国では、セミナーは教育省がお金をだしてセミナーを開く。どういうことかというと先生たちもお金が出ないとセミナーに参加しない。
だから、今回は・・・というかほとんどの会は教育省にスポンサーという形で、一人当たり130ブルの日当が支払ってもらうことになっている。
だから、体育セミナーなのにジーパン、サンダルやミュールできているお金だけ・・というような教師もいる。もちろん中にはきちんと学びにきた人もいますよ。

到着すると、会場はとってもきれいで大きな学校でした。

最初は、アイスブレーキングから始まり、体育教育の意義や関係作りの話をした後、KJ法を使って情報をシェアしていました。
面白いのは、この意見の書いてある付箋を壁に貼ったのが面白いですね。みんなグルグルみて回ってました。

授業の様子

101805.jpg


意見交換(KJ法)
101804.jpg



いよいよ実技へ。
まずは、お互いに座ったままで背を向け合いバランスをとりながら立つというゲームから始まり、整列の仕方や空手・合気道なんかもやっていました。


みんなでたてるかな?
101806.jpg

やったー!すわれた!
101807.jpg

かなりきにいったみたい!KARATE!
101808.jpg


私は午前中しかいなかったので、見れませんでしたが、セミナーは2日間に分けられミッチリプログラムが組まれています。

本日のプログラム

101803.jpg


俺もこんな研修企画してみたいな!

16

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

5ブル
デザイン隊員に誘われて、今日はフランスの組織が運営しているアートエキシビジョンに行ってきた。
この催しは、エチオピアに在留しているフランス人を中心とし各国の人を招いて美術鑑賞しようというものだ。
うちの隊員は、この催しに出展するエチオピアクロス(エチオピア聖教の独特の十字架)や民族のシルバーアクセサリーの展示レイアウトが仕事だった。

タクシーでその会場につくと、重々しい扉が開く。入るとすぐにタクシーはガードマンに爆弾物や不振なものがないかチェックされる。
重い扉の向こうは、やしの木やきれいな花々がきれいに手入れされていて、本当にここはエチオピアか?というような風景だった。
ちょっとしたブリティッシュガーデンのようだ。その広い敷地内の一角にどんと構えられた会場。めちゃくちゃきれいだ。

隊員が仕事をしている間、敷地内をうろちょろ・・・いろんな国籍の人と話すことができた。もちろんフランス人やケニア人・・・
ジャマイカの人もいたし、南米の人もいた。開場されてから、しばらくして隊員の仕事も済んだので帰ることにした。

ミニバスに乗ろうとバスを探す。先輩隊員は必ず値段交渉してからバスに乗る。こちらは日本人が6人もいるので目をつけられる。
だいたい今いる場所から自分たちの町まで2ブルくらいだ。見つけたバスも、2ブルで交渉成立しみんな乗る。

しばらくすると、先輩隊員の声がミニバスに響いた。

「はぁ!!???5ブル!?話が違う!」

どうやら、日本人で金をもってると思われたのだろう・・・法外な一人5ブルを請求してきた。もちろんボッタクリだ。
一向に引かない先輩隊員

「おりましょう(怒)!とめてとめて!!」

降りると、ここまでの運賃を払えという。とりあえず2ブルは払っている。しかし、5ブル払えといっている。
先輩隊員と添乗員で大口論に。夜の街にたくさんの人だかりができた。周りの人は「払う必要はない!」という声や
「払ってやれよ。金持ってるんだろ?」という者もいる。中には「俺が半分だすから・・な?」という人まで。

10分くらいの口論の末、払わなかった先輩隊員。確かに、乗ってすぐおりたので、渡した2ブルは高すぎだ。
正しいことというか、約束が違うといったのになんだかすっきりしない気持ち。

仲間には「5ブルくらい・・・」というものもいるかもしれないし、もめるくらいならまぁいっかという人もいるかもしれない。
でも、この国で同じ目線で活動したいと思ったら、先輩のように時には頑として話し合うことも必要なのかなぁとも感じる。
答えを出すには時間がかかるけど、自分でこの国でのやり方を見つけて生きたい。
なるべくお互いが嫌な思いをしないような・・・

気を取り直して、先輩の紹介でアラビア料理を食べて帰った。んーイエメン料理に似ている。
ラム肉やチキンがでる。ここは珍しく魚もでる。
美味しかった。でも、小食になってきているなぁ・・・男性隊員に見られる兆候らしい(笑)

15

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ENKA!!

海外支援活動において 8つの「あ」というものを教わった。

あいさつして
あわてず
あせらず
あたまにこず
あてにせず
あなどらず
あきらめず
あいしましょう

なげーな・・・

ホテルのロビーにインターネットをしに行った。するとどっかで聞き覚えのある曲が・・・

「まぁ~つりだ、祭りだ祭りだ♪」
北島三郎のまつりが流れていた。
フロントの人達は私の驚く顔をみてニコニコしている
どうやら私を見て、サービスで流してくれたらしい。
ほかには?というと 与作・・・

KITAJIMA BEST CELLECTION 

とかいてあった(笑)


晩御飯は時々外食だ。
どうしても売られている食材がやばかったりすると外食は否めない。

今日は昨日先輩から聞いていた、町営食堂に行ってみる。
名前は「ペリカン」
中に入ると、ネオンしかないのでメニューもよく見えない。しかし、先輩に聞いていたセコンドという料理は美味しいし
うまいし、ボリュームもあるよ!ということで頼んだ。

かなりの量で、しかも味もまぁまぁ・・・これはよかった。値段も25ブル(約175円)
なかなか美味しくいただけてよかった!よかった!

14

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

素敵な教会
朝、誰かが言った。
2年間はだいたい104週だからもうすぐ100週きるね・・・。
本当だ。早いのやら、遅いのやら・・・。

今日は同期がワイヤレスのインターネット端末を買いに行くということで、ついていきました。
お店は混んでいたので、他の隊員と一緒に近くの教会にいきました。
おそらくエチオピア聖教の教会ですね。ちょうど学校を終わった中学生たちが下校のその足で礼拝に来ていました。

これは入り口

101801.jpg


ここに入るときは、作法があります。
戸惑っていると、下校の際に礼拝にきた女子中学生に教えてもらいました。
オジサンたちはしどろもどろしながら教わりました(笑)

入り口では、人差し指を立ててそのまま十字架を胸を中心に描きます。
そして、この門におでこをピタっとつけた後、チュウをします。
そして中に入ります。

しばらく進んでいくと、こんな宮殿のような教会が・・・

101802.jpg


神秘的というか、崇高な雰囲気が漂います。中ではたくさんの信者が礼拝をしていました。


そこへ、怪しいバックパッカーにしか見えなかったのでしょう。警備員が近寄ってきて警戒していました。
今度はエチオピア人ときて礼拝の仕方教えてもらおっと!



寮に帰って、今日は食事当番だったのでナポリタンスパゲティーを作りました。
そこに、猿さん(ニックネーム)もといシェフ・猿渡の一品が足されました。

シェフ・猿渡といえば・・・ヤギのコンビーフを料理に加え強烈な臭いの料理を作り隊員達を次々にコンビーフ恐怖症にしたり、あれだけ当たると言われていた生肉料理を体を張って味の解明と称し挑戦、翌日口からも後ろからも大忙しになったり、何かの豆の煮物の缶詰を使って調理したところ、この缶詰の中身がワキガの臭いがしており(本当です!)シェフはそれを炒めるもんだから寮中にワキガ臭が放たれ・・・異臭事件を起こした、数々の伝説があるシェフなのです。

そんなシェフ・猿渡が今宵振舞う一品はカレー粉で味付けした野菜炒め。
おいしいです!うまいうまいと食べていたら、ん?なんだこれ?

使用済みのマッチ棒がでてきました。

しっかりマッチ棒もカレー味でした。
さすがシェフ!

13

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

エチオピアの教育
今日は教育分野のブリーフィングがあった。
エチオピアの教育分野においての現状を知るための会議だ。
この国の教育制度についてちょっと・・・

まず義務教育のG1~G8(日本の小1~中2)までは学費は無償だ。
エチオピアの教育制度はG1~G4が初等教育第1サイクル、G5~G8が初等教育第2サイクル、G9以降が中等・高等教育になる。
G9~G10はすべての生徒が中学に通い、G11~G12で進学準備校・職業訓練校・教員養成校に進路が分かれる。
前にも述べたように、7歳から義務教育が始まる。

1996年の就学率は30%だったのが、2006年には79.1%まであげることができている。
これはすごいことだ!しかも、子供の人口は96年は500万人だったのに対し、06年は1500万人になっている。
子供の人口が増加しているにもかかわらず、就学率をあげたエチオピア政府やそれを支持した人は本当にすごいと思う。

しかし、問題は山積みだ。
サブサハラという地域の見方がある。サブサハラとはケニア・タンザニア・ルワンダ・ザンビア・ナイジェリア・ニジェール、そしてエチオピアだ。
このサブサハラ地域は、世界の学校に通えていない子供たちの約半分(3300万人)を抱えている。その中でも、270万人はエチオピアが抱えている。
さっきの就学率の話も、世界からみればまだまだ初等教育就学率は十分ではない。

次に就学しても、やめてしまう(ドロップアウト)生徒もいる。せっかく入学しても、G1の時点で約20%がやめてしまうそうだ。
ドロップアウトという言い方が個人的にはあまり好きじゃない。

要因と課題として

・カリキュラムの過多・授業時間数不足
・教師の数不足 → プラズマテレビ政策
・教師による一方的な知識伝達型の授業
・教育言語(英語or母国語)による学習理解度の違い
・高等教育の拡大(13大学を新設) 

最後に、この国で大学をでて進路状況は?と聞くと、

たいしてありません。

ということだった。ちょっと語弊があるようだから付け加えると、大学をでてもほんの一握りの者しか就職できない。
大学院をでても、就職試験に落ちれば職無しも同然だそうだ。
日本も氷河期だったりすると同じだ。

じゃあJICAが何をしているのか・・・以下3点を重点にしている

教育へのアクセスの拡大
教育の質の向上
教育マネジメントの改善

生まれた場所に左右されない、等しく十分な教育を受けれる、そんな環境をつくっていきたい。
たくさんの人は助けられないけど、少しでも自分の赴任する学校を楽しい学校にして、子供の笑顔を増やしたいと思った。

Think BIG
Start SMALL     
Act NOW

12

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

結婚式2次会
  朝から町ををブラブラ。
  
  すると、電話が・・・

  「今夜、同僚の結婚式の二次会があるからいかない?」

  先輩が誘ってくれました。
  
  待ち合わせをして、校長先生と一緒にいくことになりました。
  先輩の職場は、都会のど真ん中にある小さな学校。だいたい児童数は700人程度です。
  中に入ると、殺風景というか平屋の校舎がポツンポツンという感じでした。
  子供たちは、放課後必死に鍬を使って花壇を作っていました。必死に石を運ぶ生徒もいます。まずは校長に挨拶と思いましたがいらっしゃらない・・・すると上から大量の枯れ葉が・・・

  ん?

  校長先生がタンクトップ姿で、校舎の屋根の掃除をしていました。

  「よくきたな!」

  とっても優しそうな校長先生。
  校長室には、農機具や機会がいっぱい。場所がないので自分の部屋を物置に使ってるとか・・・
  
  そんな明るい校長先生と同僚の方と一緒に二次会へ。

  ミニバスを2回乗り継いで、大通りから離れた場所に新郎新婦の家はありました。

  閑静な住宅街に鳴り響く爆音!

  エチオピアでは、結婚式後にお互い(新郎新婦)の家にそれぞれ友人・親戚を招きパーティーをするのが慣わしなんだとか。私はまったくの他人だけどいいのかなという感じでいたが・・


  domi13.jpg

  
  パーティーはきちんと司会がいて、最初に神父さんらしき人が聖書をもって祝詞をあげます。最初は神父さんは聖書を読んでいたのですが、だんだん熱くなり聖書を読まず己の話をし始めます。しまいには、聖書をテーブルに置いてかれこれ20分も独演状態・・それが終わると、食事会です。

 食事会はやはりインジェラ

 domi15.jpg


 これがエチオピアの主食です。インジェラは、エチオピアのパンケーキで、穀類を粉末にして水でといて発酵させます。それをクレープ状にして焼きます。
 
 すっぱいです。なれない人は慣れません。好きな人は好きです。私はまだ前者です。
 このインジェラに、野菜や肉を巻いて食べます。もちろん手です。

 食事を食べた後、ふと見るとヤギが・・・

 domi14.jpg


 ギフトです。周りはお祝い事で楽しそうなのとは裏腹に、ヤギは悲しそうな顔をしていました。


 帰りに会場を出るとが!!!!!
 よく考えたら、手にはインジェラやお肉の匂いがたっぷり!

 狂犬病の犬もいるかもしれない犬の間をかき分けて帰りました。

 新郎新婦のお二人お幸せに!!

11

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

フォトギャラリーVol.1
  
  今日はゴロゴロしてたんで、フォトギャラリーです。気になったものをあげてみました。

  
  
  domi01.jpg
 
  こちら、今仲間と一緒に住んでいるドミトリーです。

  domi02.jpg

  こちらサロン。意外と広いです。


  domi03.jpg

  本は、小説やHowTo本、マンガ本、ちょっと時代遅れのファッション雑誌があります。
  なるべく、料理本は見ないようにしてます。

  domi04.jpg

  寝室です。野郎がここにギュウギュウに寝ています。・・・・キタネ・・・。

  domi05.jpg


  ここで毎日こんな風に研修うけてます。ここは事務所内です。
  
  domi16.jpg

  道中では普通にヤギが往来してます。ちなみに、今山羊達が食べてる草は他人の庭の草です。
  いいのっかなぁ~。

  domi08.jpg

  こちらは薬科大学です。うーん・・・予備校じゃありません。 

  domi09.jpg


  こちら右に見えるのが、エチオピアが誇る5つ星ホテルです。すばらしいロケーションです。窓をあければ、そこは建設中のビルが立ち並ぶ・・・素晴らしい?ビューポイントですね・・・・。


  domi07.jpg

  
  マネキンも疲れることはあります。

  domi10.jpg

  エチオピアの伝統的な歯ブラシです。カミカミしてブラシ状にして磨きますが、口の中に木屑が散乱します。木屑がブラシ2時間後くらいに、ヒョイと歯の隙間から出てきたりします。

  domi11.jpg

  エチオピアの冷蔵庫は鍵がついてます。食いしん坊が多いんでしょうか・・。

  domi17.jpg

  みんなで餃子を作りました。皮もアンもうまくできました。もうすぐエチオピアにきて2週間です。
  また、写真撮ったらアップします。

  いつもコメントをしてくださる方、ブログを見てくださる方本当にありがとうございます。
  コメントがあることが、とても日本を身近に感じれ、また今のこの現状をがんばろうという気にさせてくれます。なるべくコメントには返事をしていきたいと思います。

  今後ともよろしくお願いいたします。

  


  


 
  

10

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

補習校

今日は、補習校といものに行ってきた。
補習校とは、週末は休みの日本大使館の一室を借りて、希望した児童がナショナルスクールで習ったことの補いをする場だ。
もちろん、在留している日本人の児童も多いが、ハーフの子もたくさんいる。だいたい午前中で終わる。

今日教えることになったのは、小学5年生の男の子と女の子だ。
とってもかわいいし、まだまだヤンチャだ。
1時間目は算数、2時間目は国語だ。3時間目は好きな課題をしていいことになっている。
子供たちはだんだん疲れてくる。遊びたくてウズウズして落ち着かない。

そこに、男の子のカズ君が

「ねぇねぇ、英語でしりとりしよう!」

といってきた。う!さすが、インターナショナルスチューデント!

「よっしゃ!」

と言ったものの、それは違うや発音が違うと指摘されあっという間に撃沈してしまった。

次に一緒に勉強したのはミエちゃん。彼女は、エチオピア人と日本人のハーフだ。お母さんがエチオピア人なのだが、お母さんはびっくりするくらい日本語がうまい。
さらにミエちゃんは、エチオピア語・フランス語・英語・日本語と4ヶ国語しゃべれる。・・・すごい。
訓練所でかじった私のフランス語も、彼女からすれば

「全然ちがうよ!」

と言われてしまった。当然か・・

そんなミエちゃんの今お気に入りの本は「ぼく、うんぴ」という本。
ウンチのことを、やさしく説明した低学年用の本だがこれを必死に、日本語の音読練習に利用している。
やはり、「うんち」はインターナショナルに低学年には好まれる言葉なんだろうか・・・。
内容はどうあれ、片言ながらも一生懸命がんばって音読している。
読めたときの、読めたよ!っていう感じでこちらを見るミエちゃんの笑顔が忘れられない。
2人とも今日もよくがんばったね!

その後、お母さん方ともお話をした。海外での授業スタイルが全然違うことにびっくりだそうだ。
例えば、ガーナに在留中のときは、ガーナの学校のスタイルは昔の日本のようなスタイルらしい。理論中心の授業であまり実験などしない。ここガーナに限らず、アフリカでは十分な道具や資源が無い為、どうしても座学中心となってしまう。
また、違う国では植物はどんな環境で育ちやすいかという実験で、ある子供が意見を出し
「色水だったら育つかな?」「クレヨンをきざんだものを土に混ぜるといいかも」「くさい靴の中では育つかな?」等子供らしい意見がでるが全て実験するそうだ。
子供の発想を尊重したスタイルではあるが、実際やりたくても授業数がきまっている日本では難しいのかなぁという感じだった。
くさい靴ならどこでも手に入るな・・・。

今日も、雷が鳴るほどの大雨。高地の雨は寒いなぁ・・・。

09

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

雨の日

  寝ている時から、雨音がしていた。

今日はこの国に来てからのちゃんとした雨が降った。

気がつくと、電気がきていない。

この国は、水力発電が主流だ。雨季にたくさん降る雨量を利用して、この国の電力をまかなっている。
が、これからの時期乾季が続くので電力不足になる。そのときは、週1日か2日のペースで定期停電する。しかも、1日中とかだ。
そうでなくても、しょっちゅう停電する。プレゼンしている会議室では、停電するたびにプロジェクターが切れるので、途中でとまったり復旧を待ったりすることもある。冷蔵庫もいろいろ保存していると、全て腐ってしまう。

何でも十分にそろっていた日本の暮らしは、本当に恵まれていたんだなと改めて感じる。

朝の支度をしてから、傘をさして街をあるく。道路は雨水の排水設備が十分でないため水溜りができていた。
気温はぐっと下がって16度くらいになる。吐く息が白い。昨日まで、半袖で過ごしていたが、一転してフリースだ。

今日いつものアムハラ語の授業を受けていたら、ハレグ先生の携帯が鳴った。
ハレグ先生の顔色がみるみる変わる。

いとこが亡くなった訃報だった。

事故か病気かはわからないが、ショックを受けていた。
しかし、ハレグ先生は気丈に授業を進める。
「大丈夫?」と聞くが、「大丈夫、私の問題だから・・・」と

このアフリカで、関わりを大切にする気質があることは知っている。だから、なおのこと私はハレグ先生は飛んで帰る思っていた。
しかし、ハレグ先生はきちんと、しかも笑顔で授業をしていた。

ほんとにすごいなぁと思った。
プロとしての、意識と職責の強さを知ったような気がした。

後で、ハレグ先生が椅子に腰掛け涙を拭っていたのを私は知っている。

今日の雨は、何か悲しい雨だな・・・。 

ハレグ先生のいとこのご冥福をお祈りいたします。

08

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

エチオピアについて

  今日はエチオピアについて少し書こうと思う。

  国名は、エチオピア連邦民主共和国だ。現在エチオピアに住む日本人は約180人だ。その内100人くらいがJICA関係者らしい。逆に日本にいるエチオピア人は300人もいる。

  国土は日本の3倍だ。季節は、6月~9月の間が雨季で、他は乾季になっている。標高の幅は600mから約4500mまで幅広い。

  対日輸出はコーヒーや革、対日輸入は車だ。

  平均寿命52歳、人口は7700万人とアフリカでは第2位だ。

  1日1ドル以下で生活する人は全体の23%、

  子供の栄養失調率は3人に1人の割合だ。
  
  識字率は35.9%、初等教育就学率は61%(年々増加)、近年のエチオピアの教育スタイルは教員不足と教員の技術的な問題を解消するためプラズマテレビをエチオピア全土の学校75%に普及させ、ベテランの先生の授業をビデオで流すというプラズマ政策なるものがされていた。しかし、これは初期投資が半端なく膨大な予算を必要としたため現在新しい政策が練られているそうだ。学校は日本と違って、7歳から学校にいく。

  5才未満児死亡率は1000人中164人、

  妊産婦死亡率は10万人のうち720人だ。

  パーセンテージであらわさない部分は、そのままだとどれだけの人が亡くなったか、どんな状態か実感できないと思ったからだ。
  パーセントが少なかったとしても、絶対数が変わるので、この数を感じてほしい。

  そしてワースト1なのが、水だ。

  水のアクセスが世界でダントツ1位。安全な水にアクセスできる人が全体の20%!
  たった1600万人しか安全なきれいな水を使えない。日本はほぼ100%といってもいい。

  また、病院を利用できる人の割合も全体の13%だそうだ。
  
  世界から見ても世界最貧国に挙げられる国エチオピア・・・。

  もっとエチオピアのことを知りたいと思ったし、同時に日本っていう国の見方が大きく変わりそうだ。

  

  
  

  

07

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

道路

 
  この町の道路はいろいろなことがある。

  今朝歩いていたら、1台車が止まっている。
  珍しいなぁと思ったら、車の下から靴が覗いている。

  「え!?」

  もしかして・・事故!?ドキドキしながら、見ると人が!

  ってよく見ると車の下にもぐって修理してました。しかし、こんな車線3線で、縦横無尽に車が行くところを急にとまってよくできるなぁと思います。ハザードや発煙筒などなしで後ろから追突されないかハラハラです。

  こんな光景もありました。

  大きな道路の横に、舗装されたきれいな広場があります。そこで子供たちはサッカーをしていました。
  ある弾みで、ボールは道路へコロコロ・・・
  あー危ないから、車を確認してボールを取りにいくんだよぉ・・・・

  と、思った瞬間!

  一切スピードを緩めない車が

   ピューーーーーーーーン!

  パンッ!  

  ボールははねられるどころか、われてしまいました。

  それを呆然と立ち尽くし見ている少年、頭を抱えて「NO!!!!!!」と言っていました。

  今度から気をつけよう、少年!!
  

  

06

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

日本大使館&領事館
  本日は、正装で事務所へ。
  今日は日本大使館と領事館に表敬訪問だ。入館時はものすごい厳重だ。いくつものロックされた扉を行き、ホログラムの入った複製不可能な入館証が渡される。
  大使とお会いしてお話をした後、領事館に挨拶に行きました。

  この日はとっても嬉しいことが!
  
  トランクのカギが届きました!!

  カギとともに、バカタレの文字・・・本当にすいませんでした。



  今日は、ひとりでドミに帰りました。途中いろんな人に声をかけられ、話をしたり簡単なスナックを食べて帰りました。比較的すくないアムハラ語でいろいろ会話できそうです。

  帰りに物乞いをする子供がいたので、NO!と言ったら、それを見ていた少しリッチそうなエチオピア人が顔を横に振って「かわいそうに・・・」という感じで私を見ていました。

  ・・・・・

  そんなに憐れむんなら、自分で渡せばいいじゃないか!!
  
  でも、なんかいろいろ考える帰り道でした。

05

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今日は
 今朝、授業が始まる前にインターネットをしていた。
 すると、ハレグ先生が来て、おはよう!と声をかけてくれた。
 もちろん他のみんなも連絡したかったので、インターネットもしていたし、ハレグ先生に挨拶をした。
 そして、ハレグ先生はどこかにいってしまった。

 授業の5分前に教室で待っていると、スタッフから電話が・・・

 スタッフ 「おはよう。みんなどこにいる?」

 私    「え!?教室にいますけど・・。」

 スタッフ 「ハレグ先生がみんな来てないっていってるんだけど・・」

 私    「え!さっき会ったし、挨拶もしましたよ!?」

 その後、普通に教室に入ってきて授業を始めるハレグ先生・・

 不思議な先生だな
 

04

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

JAPAN FES

 今日はジャパンフェスタで、エチオピアの人に少しでも日本のことを知ってもらおうということで、いろんな文化を紹介しました。この回が初回で、立ち上がりなので、先輩たちもピリピリしてます。

 今日の私の任務は、カメラ・ビデオを使った記録係です。あとは見張りも兼ねてるかな?

 着物・茶道ブース、仏教・神道ブース、習字ブース、けんだま・折り紙ブース、原爆ブース、JICAブース、隊員によるフォトブース、日本大使館ブース、日本の文化を動画で放映するブース、体育ブース、サイエンスブース等など・・・

 birr05.jpg

 おみくじなんかも・・おみくじは大行列でした。

 birr06.jpg

この子と一緒にけんだまをしました。とっても一生懸命で、楽しんでいました。ただブンブン振り回す玉は危険で、振り回しちゃだめだよーっていいました。写真を撮ろうとすると、ちゃんとポージングするのがかわいいです。
 


理数科のサイエンスブースでは、ペットボトルロケット、浮沈子、紫キャベツの酸性・アルカリ性の識別実験、圧力の違い、パチンコ玉を使って磁力で加速させる実験、ビーズを使った顕微鏡でした。メインは手作りホバークラフトです。浮き輪と掃除機を使ってホバークラフトを作っていました。
 

 しばらく、任務にもどっているとエチオピア人が声をかけてきました。英語なので、話せました。
 「すばらしいFESだ。毎年してほしい!」
 どうやら学校の物理の先生らしく話もあって、仲良くなりました。

そして、一緒に書道ブースに行きました。
そしたら、お前の名前を書いてくれ!そしたら俺は、それをお手本に書くからと言われました。
それがこちら・・・

  jpfes02.jpg

 写真撮れ!写真!っていうので、カメラかまえたらこの笑顔である。
 最後は携帯番号交換しました。

 こんないきなりハードルの高い活動・・・俺らはできるんでしょうか・・・・汗

03

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

初土曜日!

  今日は買い物に行きました。
  でかいショッピングセンターです。
  お金が必要だが、これを見てほしい。海外では当たり前らしいが同じ種類のお札とは思えないほどの汚れだ。皮脂や泥、また異臭もする。しかし、これもお金。新しくても古くても大事に使わせてもらいます。

   birr01.jpg

  次に見たのがこの建物

  birr02.jpg

  建設工事中ですが、足場がです。日本はほとんど鉄骨や鉄パイプですが、エチオピアは木でやってます。物見やぐらみたいですね。のったらきしみそうで怖いな・・・

  そして、ある少年に出会い写真をパチリ。ポーズしてというとしてくれました。服にはピンボケしてますが、

 芸術音楽

  とそれはそれはきれいな楷書で刺繍してありました。

 birr03.jpg

  なぜボケたかというと、子どもがにげまくっていたからです。私が近付くと逃げます。
  あたりまえだけど・・・・。

  ちょっとショックを受けながらも、トイレに行きたくなったのでトイレにいきました。
  すませて、出てくると清掃員のおばちゃんがなんか言っています。

  「1ブル!1ブル!」

  ん?え!?トイレ有料なの!?

  おばちゃんの指さす先には、使用1回につき1ブルの張り紙・・・
  そうなんだねぇー・・・・

  トランクのカギが開かないため、下着を買おうかと物色していたら・・・
  じゃあ今のところパンツ1枚でどうしてるか気になりますよね。
  
  毎晩洗って、干してます!!

  幸いにもエチオピアは乾燥しているのですぐ乾燥しました。
  なんとか?なるんですね・・・
  
  そんな中、

  こんなディスプレイをしている店発見

  birr04.jpg

   
  せっかくのカッコイイ靴とマネキンが台無しです。お互いの良さを相殺してますね。
  これを真面目にディスプレイしてるから面白い!

  明日は、エチオピアに日本の文化やJICAの活動を広める JAPAN FES です。
  成功するといいな。

02

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

アムハラ講座

 
  今日から、アムハラ語講座だ。
  先生の名前はハレグ先生。とっても温和なやさしい女性の先生だ。
  
  まずは挨拶の仕方から勉強した。なかなか難しい。
  なにが難しいって、発音が喉に何かつっかえたときにだす

  「カッカッ」という発音ができない・・・

  まぁ気長にやろうと思う。

  エチオピアで使える携帯を支給されたので、さっそく店でチャージカードを買いに行った。
  もちろんこの携帯は海外でも通じる。しかし・・・もちろん高い。

  夜は、「牡丹園」という中華のお店にご飯を食べに行った。
  ビールはおいしかったし、食事も中華で本当に美味しかった。
  会計を済ませると、400ブル。

  400ブル・・・
  
  これは現地のサラリーマンの一か月の収入に当たる。

  1回の食事で1月分・・・

  おなかが膨れて店をでれば、家もなく、病気のまま、お金をめぐんでもらい、汗をかいて靴を磨く人がいる・・・

  なんだか自責の念にかられた。自分は何をしに来たのか・・・なるべく地域の人と目線を合わせたいと思っていたから余計に複雑だった。自分たちは自分たち、エチオピアはエチオピア。そう言われればそうだし、生活水準だって違う。

 でも、いつ声をかけても笑顔で挨拶を返してくれて、少しもヒガミを言わない。
 よくエチオピアにきたな!と喜んでくれる。

  ・・・・

  こんな高級な外食は、なるべく避けたいと思った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。