11 ,2009

海外青年協力隊にいくまで,そして活動報告も含めながら内容をUPしていきたいとおもいます。 いろいろコメントもらえると嬉しいなぁo(^皿^)o


プロフィール

ライオンさん

Author:ライオンさん
Hi! This blog is state of my life of Ethiopia.
I've been living in there as volunteer.
If you could, You can feel free to write your comment!

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ピンホールカメラ!

今日はピンホールカメラを作った。

ピンホールカメラを作るという名目でプリングルスをムシャムシャ・・・
たまーに、ごくまれーにプリングルスがこのバハルに入荷されるので
それをねらって買うんです!

プリングルスの筒の底に押しピンで穴を開け、そしてほかの紙で作ったフィルター
(フィルターは薄いものが好ましく、白い買い物袋など若干透過性があるものがいい。今回はアルミホイールに入っていた薄いトレースペーパーを使った。)を作成。

覗いてみると・・・見えた!

自分で焦点を確認しながら、調整し像が写る瞬間を観察してもらうのが目的だ。

他の先生も「おぉ!これはテレビジョンだ!」と言ってくれた。
まぁテレビジョンじゃないけど・・・(苦笑)

そのうちフィルムを使って、生徒と一緒に手作りカメラで写真をとるというのもたくらんでます。

次は何作ろうかなぁ・・・。

てか説明できないとな・・・(汗)

スポンサーサイト

29

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

散髪
今日はいい肉の日ですね・・・。
肉食べたい・・・。

同じ地方隊員の犬を洗いました。
名前はトッパー、メス2才くらい。この飼い主(隊員)は自分より1年早く
帰国します。
いずれはこのトッパーを引き受けることになると思います。

そして
今日は散髪しました。

こうだったのが

112901.jpg


こうなって

112902.jpg

途中、遊びにきていたガナットさんに遊ばれ、

112904.jpg


最後は坊主になりました。

隊員同期に「和尚みたいッス(笑)」といわれずっとクスクス笑われていました。
さっそく和尚はパパイヤを取らされました・・・。

112903.jpg

いたずらしている坊主にしか見えません・・・。

切った頭をアベシャ(エチオピア人)に見せると、

「コシャシャ!」(汚い、ごみの意味)

とか

「ルックス ベイビー!」(赤ちゃんのようだ)
とボロクソに笑われました。

お前らもほとんど同じ髪型じゃんか!!!

28

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ガスコンロ!
今日は大家さんとガスコンロを買いに行った。
大家さんは車持ちの金持ちなんで車で買いに行きました。

そう、今まで火もない生活だったので、めちゃくちゃうれしいです!
そして買ったのがこれ!

112907.jpg


なかなか立派でしょ?腕がなるぜ!
って言ってもマーケットはカレーの具材程度しか売ってません。
野菜にバリエーションがないんです。作られる作物も限られるんです。

こちらメセレ夫妻

112906.jpg

旦那さんは獣医で奥さんはコンピューター関係の講師を大学でしています。
いつも一緒のおしどり夫婦です!




夜に今日は充実してたなぁ・・・とほっとしていたら

パーーーーーーン!

夜に銃声が聞こえた。

近所かなぁ・・・。怖っ!!!

27

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ムスリムホリデー
午前中に買い物に行きたかったので、洗濯して、掃除して、靴洗って
さぁ行こうと思ったら

自転車パンク・・・

まだ買って1週間しか経ってないのに・・・さすがエチオピア(笑)

修理して市場に行く途中沢山のムスリム(イスラム信者)が!

112601.jpg

女性も規律に反しない範囲でオシャレをします。
112602.jpg

こちらムスリム少年。肩にかけている布をひいて巡礼します。
112603.jpg


そうそう申し送れましたが、今日はイスラム教のお祭りの日なので学校がお休みなんですよ。
まったく関係の無いブッディストの私にはちょっとうれしいお休みでした。

夜は、会食がありました。

2人の日本の大学教授と日本大使館大使とエチオピア大統領と会食でした。
大統領だけインジェラ食べててちょっとかわいそうな気もしました。
久々にパリっとした雰囲気の中でご飯を食べました。

26

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

拍子抜け
朝学校に行く途中に、売店がある。
そこにはたまねぎやジャガイモが売ってある。

どうしてもその時、たまねぎ一個が欲しくて一個いくら?と聞いてみた。
すると、久石譲似のおじちゃんが
「タダでいいよ!」
と言ってくれた!マジで!?ありがとう!
といって1個小さいたまねぎをもらっていった。
ちょうどペットボトル顕微鏡で見るものとして、たまねぎの細胞はとっても見やすかったからだ。

学校につくと、校長先生がビシっとしているし何だか他の先生方もピリピリしている。
わけのわからぬまま、職員会議が始まり今日の流れをはなしている。

どうやら今日は教育局の人たち(日本で言う教育委員会)がくるらしい。
その時、授業の様子やこの学校の取り組みを聞きに来るんだそうだ。
「もちろんカバダ君の実験道具や話もしにいくからな!」と言われた。

えええええええええええええええええええ!?

何にも準備してなっかったし、そもそも何も聞いてなかった。
しかしここでグッと心を掴めば、後々理科セミナーや実験指導等の対教師研修のスポンサーになってくれるかも!
それには、ちゃんとアピールしないとな・・・。

どうしようと思いながらも、実験道具を確認し、英語で説明の練習をし、
いかにもやってますよ感をかもし出すため白衣を着てみたりと・・・

1時間・・・2時間・・・3時間・・・

来ない。昼になってもこない。

後で校長に聞いたら、もう午前中に来て帰ったよ?って・・・

朝のミーティングはなんだったんでしょう・・・(笑)

25

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

停電
今日は昨日ゲットした空き瓶、エタノール、紐を使ってアルコールランプを作ってみた。
燃やすための芯は、校舎内に捨ててあった紐を集めて、よって作った。

なんとかうまく燃焼しています。
ちなみにこの国のエタノールは、水と間違えないように着色してあります。
したがって、いろいろ不都合なのでそのうちアルコールの蒸留をしようと思っています。

ちょうど、本格的ではないけど試験管と冷えたミネラルウォーターがあったので、やってみました。
アルコールの入った試験管を湯銭で熱し、その試験管の口から出る湯気を冷えたペットボトルで急冷します。
そのペットボトルについた液体こそ蒸留されたピュアな無色のエタノール!

ちょうど教育実習で来ていた生徒が興味深げに見ていました。

はぁ・・あとは英語で説明の準備だな・・・(泣)

帰りに食堂でご飯を食べていると

フッ!

停電です。最近定期停電と断水が始まっているようです。
ろうそくのともし火の中食事をして帰りました。

どこまで過酷なんだ、エチオピア!

24

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

覚えたい!
この学校には42人くらいの先生がいる。
最初はやっぱりみんな同じ顔に見えるし、名前も聞きなれない名前なので
覚えきれない。顔と名前を一致させるのは、なお難しい。
自分の名前はみんなすぐに覚えてくれて、
「カバダ!こっちこい!元気か!?」とか「○○!こっちに座れ!」と親しみを込めて言ってくれる。
相手にとって黄色の自分はインパクトがあって覚えやすいのもある。

きっとみんなも自分のこと覚えてほしいだろうし、現に「カバダ、俺の名前はなんだ?」と聞いてくる。
そうだよなぁ、よし覚えよう!

ということで、先生たちの顔写真つきの表を作ろうと考えた。
自分のデジカメを使って、顔と名前・科目を一緒に併記する。そうすることで自分にも
わかりやすいし、生徒も先生たちの顔をきっと覚えやすいと思った。
自分のいた学校がしていたことで、この顔つきの先生の名前一覧は本当に役に立った。

さっそく校長先生に、簡単なスケッチを持っていってプレゼンした。
やってみなさい!
とお許しが出たので、早速先生という先生をとりまくった。
みんな写真が大好きみたい。出来上がりが楽しみみたい!
でもここはプリンター十分じゃないから、せっかくだけどカラーは難しいかなぁ・・・。

そして今日はペットボトルのふたを利用した顕微鏡を作った。
ふたの部分にプラスチックビーズを埋め込み、反対側に観察物をおく。そして光にかざすと
約200倍から300倍の倍率で観察できる。焦点はふたを締めたり緩めたりすることで自分でアジャストする。

必死に植物の細胞を見ている私を見ていた少年が、興味津々に近寄ってきた。
「見たい?」というと「うん」といってうれしそうに近づいてきた。
観察する様子は「おぉー!」と言って、とても楽しそうだった。少しは科学の楽しさ知ってもらえたかな・・・。

23

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

うちのザバニャ

 ザバニャとは守衛さんのこと。

 うちには2人のザバニャさんがいる。
 昼と晩で24時間体制で家や自分の安全を守ってくれている。

 こちらがその2人

 112502.jpg

 めっちゃ強面ですが、頼りになります。まったく英語が喋れないので契約関係や頼みごとの時は困ります。しかし、何か掃除や洗濯をしようとすると手伝ってくれたりします。
 この前は左のアドンニャ(名前)とフリスビーをして遊びました。彼は26歳で以前は漁師をしてたそうです。
 右のムルはおじいちゃんで、子供が8人いてさらに孫ももういらっしゃいます。銃なんか持っててめっちゃ怖いです!本物です・・・。

 写真で見ると怖いけど、いつも優しい人です。こっちの人は写真とろうろすると真顔になるんですよね・・・

 しかし、中にはザバニャに成りすまし、そこを狙って空き巣をするということもあるそうです。
 なるべく疑いたくないですが良好な関係を築いていきたいな!

 ちなみにお給料もあります。私が雇用主なんでお給料管理も私・・・ボーナスや退職金をあげてる隊員もいるようですが・・・生活費と相談だな!

 2人ともよろしく!

 ※この2人のどちらかにいつも風呂を見られています(笑)

22

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

お風呂
近所にはかわいい子供たちが沢山いる。

近所の子供たちは、自分の校区の生徒ではないので思いっきり一緒に遊べる。

といのも、この国では威厳があるのが先生ということなので、たとえ外国の先生でも
一緒に遊んでいると教師が生徒とあそんで!(怒)
なんてことがありえる。ので、まずは郷に入れば何とやらなので今は学校で猫かぶってます。

んで、話をもどして近所の子供たちとフリスビーや浮沈子を見せて遊びました。
鼻水を垂らして笑う子やボロボロの服や靴を身に付け駆け回る子。
どの子の笑顔もほんとにかわいいです!
子供と遊んだら、汗をかいたのでお風呂に・・・と思いましたが風呂が壊れている!
お湯が出ません!

  我流お風呂の入り方 ~エチオピア風呂無い編~

1 まずお湯を沸かします。
2 少し大きめの桶を庭用意し、中に水を張ります
3 桶にお湯を加え、いい湯加減にします
  ポイント:屋外なので少し熱めがベストです
4 お風呂セットを用意して、庭で裸になります

  ここまでで何か?・・・続けますよ?

5 まずは頭からお湯をかけ、一度に髪と体を洗います。
6 そして髪と体を洗ったら、タオルにしみこませたお湯を頭から絞ってかけます。
7 最後は桶の中に入り、体操座りをして微妙に湯船につかります。
8 残ったお湯で体を洗ったタオルを洗います

※これをガードマンさんに終始見られながら入浴します。

これも隊員の醍醐味っすね!!!

ときどきスッポンポンで桶に入ったまま、星を見上げることがあります。

「俺なにしてんだろう・・・」

 お風呂2


22

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

すいません

 只今 任地バハルダ―ルにおいて 著しくインターネット環境が悪化しています。

 改善をしたいと思いますので、復旧するまでしばらくお待ちください。

 ごめんなさい m(_ _)m

 
 Now, Remarkably It wasens environment of internet in Bahair Dir.

So, I'm trying to improve the system of internet.

I'm sorry for waiting.

21

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

相棒
朝起きて、まずやりたくてウズウズしてたこと。

洗濯!

桶を庭にだして、一生懸命石鹸で洗います。
今まではドミに洗濯機がありましたが、この家は付いてないので
自分でお洗濯・・・あぁーこういうところが汚れるんだぁ・・・
という発見と
やっぱり文明の利器はすばらしいなぁ・・・という感心でした!

その後、町にいって新しい相棒を買いました!
それは・・・ジャーン!

112501.jpg


自転車です!マウンテンバイクを買いました!
価格は1700ブル(約15000円?)気に入ってますが
何かと部品は無く、ブレーキの利きもよくないです。

おっちゃん!これブレーキきつくしてよ!

というと

おー!問題ないよ!ミスター!

あるわい!!!

この国では、たいてい不良品でも大丈夫を連発する。
そのあたりが全然大丈夫じゃない!
陽気な感じは好きなんだけど・・・・(笑)

20

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ちょっと前進

昨日浮沈子を作ってみた!

試験管で作ったものだが、簡単に挨拶程度を含めながら、自分が何をしたいかを
伝えようと思った。


まず学校に持っていくと、何だこれは?と不思議そうに見る。

副校長に見せると逆さにしてしまった!

あーーーーー!

なにすんだよ!


試験管を逆さにして作った浮沈子なので逆さにすると空気が抜けてしまうんです!!

仕方ないのでもう一回作る。
しかし、この学校でもそうだがこの国は水を大切にしている。
失敗しないように慎重に作った。

さてお昼・・・いよいよ実際に見せるため、科学の先生たちに見せる。
会議の場を利用して飛び込んでいき、自己紹介を改めて実験をまず見せた!

おぉ!と関心をもってみてくれた。

一応原理も調べて英訳していたので伝えることができた。
また、今度かしてくれ!生徒に見せたい!という声がでた。

しかし、どこでも必ず突っ込んでくる人はいるものです。
細かいところに突っ込んでくる先生がいた。

しどろもどろに答えたが、他の先生の援助もあり原理や質問に対する答えを伝えることができた。

その先生は、じゃあ次はマグネット(磁力)にかんする実験用具がほしい!と言ってきた。
マグネットの分野を教えたいということで、がんばって探してみる。
次に、女性の先生に見せてさっきの質問を補足するような形で説明に加えて原理を伝えると、わかってくれた!


自分は皆さんに実験用具の扱いや理科実験の方法、教材作成の指南に来ました。
もし皆さんが必要なら何でも身の回りの物で作ります。作り方も紙面で残していくしセミナーも
開くので頑張ります。

と伝えた。みんなはうんうん とか いいねー と言ってくれた!
来週は授業を見学させてもらい、進度を確認し内容を先回りして実験器具を作ろうとおもう!

でも、課題は山積みだなぁ・・・・おなか減った。

19

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

何しにきたんだろう・・・

 もうすぐ3日経とうとしている。

 毎回先生たちは

 「おまえは何しにきたんだ?」

 「おまえは先生なのにどうして授業しないんだ?」

 と言われる。

 しまいには

 「アムハラ語も英語も十分にできないのに何を教えるんだ?」
 と言われた。

 かなりショックだったが、これはみなが経験する壁だ・・・
 ピンチはチャンスとよく言うのでとりあえずいろいろ考えてみることにした!

 まずこの学校は実験用具があることすら知らない先生がいる。
 また、実験用具の使い方がしらない。
 先生たちは授業をすることに誇りをもっているので、それを無理してまでコマを採ろうとは思わない。

 自分はラボラトリー・テクニシャンになろうと考えた!
 まずは自分が何をしたいかをしっかり伝えようと思う!

 家に帰って 浮沈子 を作った!
 明日これを見てもらい、解説して彼らのサポートをしたいことを伝えようと思った!

 

18

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

新しい名前!
今度は迷わず行こうと思ったが、とりあえず迷った!
途中の売店でノートを買った。

迷ったので、近くの女の子にきくとちょうどその学校の生徒だったので付いていった。

到着すると、なんとフラッグセレモニー中だった。
フラッグセレモニーとは、毎日国歌を歌いながら国旗掲揚をする儀式だ。
ついでに全体朝礼も行われる。

先生たちはお前の授業は午後からなんだぞ?なんで朝から来るんだ?といった感じだった。
しかし自分は朝から来たいんだと伝えた。
G1~G4までは午前中、残りG5~G8が午後となる。午後は科学の授業が多いので午後出勤でいいというのだが・・・
そうはいかないので、朝から行くことに決めた!

まずは英語とアムハラ語の勉強。フィダル(アムハラ文字)や英単語を覚えまくった!

お昼はボンボリーノ(ドーナッツみたいなもの)と紅茶だ。
お茶するところで先生たちと話をした。

そこでついに新しい名前をもらった!

カバダ・アベバだ。

意味は大きな花という意味だ。
ちょっとうれしい。しかもすぐに覚えてもらえるのでうれしい。

学校ではカバダ!と呼ばれている。

午後は体育の先生や科学の先生たちと初のお目見え。
自己紹介をした。

何をしにきたんだ?という質問に詳しく答えることができなかった・・・。

んーなんか難しい・・・。

17

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

2日目
今日はとりあえず学校へ行った。
朝はカロリーメイトを食べて出勤。

最初道に迷いながら出勤する。
学校行くのに40分かかってしまった!

迷いつつ、子ずれのお母さんに聞いて出勤。
まずは先生みんなの顔と名前を覚えようとひたすらメモをする。
でもみんな同じ顔にみえてしまうー・・・・

さらに、図書館を見学させてもらった。すると同期隊員がきて警備員と契約をするというので家にいったん帰った。

一人は強面で銃をもってるオジサン。

もう一人は若い同じ位の年の青年だろうか。

契約をすませ早速配置してもらった。
これで24時間体制で警備員さんがつくことになるんです!

その後先輩隊員さんと食事をした。

そして、夜は近くの家さがしの時に泊まったギオンホテルに行き美味しいスープを飲んで帰った。

明日は迷わずにいこーっと!

16

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

いよいよ出発!
朝5時半に起床。
荷物を搬入していよいよバハルダールに出発。
先輩隊員や同期の先輩は早起きして見送ってくれた。

広大な大地をぬけて車を走らせること12時間・・・
いよいよバハルダールに到着。

先日下見して入居を決めていた家に到着。
大家さんも相変わらずとってもいい人。
快くセキュリティに賛同してくださり、鍵から何まで惜しみなく変えてくれました。

今日はここバハルダールに住んでいる専門家の家にお邪魔しました。
専門家は僕らと違いひとつのプロジェクトを持っているので、かなりすごい人なんです。
すごい人なんでそれなりに支給も充実しています。
専門家御殿とはまさにこのことですね!
日本食にありふれた夕食!至福のひと時でした!

なんとこの専門家、実は福岡県瀬高出身!自分の出身地や地元トークで盛り上がりました。
メニューはカレーや海草サラダ。キンピラみたいなもの、あとすしの子の野菜があってすごくよかった。
帰って蚊帳をはりつつ眠った。寝袋は使わなかった。

15

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

銀行口座開設

 今日は明日の荷造りのため特にこれと言って話題がないので金曜に行った銀行口座開設の話をする。

IDが取れたので、銀行に口座を開設しにいった。

最初の支給金額は向こう3ヶ月の生活費が一気に支給されるので、
17000ブル!
かなりの支給額だ。地方隊員なので当然必要なものを購入しとかないと
地方に行っては手に入らないものばかりだ。支度・準備金も込みといったところでしょうか。

小切手をカウンターの人に渡します。
すると、10ブル札しかないというのです。

え!?

そうなると、10ブル札が1700枚!
見たこともないような札束の数!!!初めて帯つきのお札を触れました。
窓口でそんなもの堂々と出されるので焦ってしましました!!

全額引き落とすのは、地方だと手続きも厄介ですし
あんまりバハルダ―ルなどの地方の銀行は信用できません。

もう銀行出たときは心臓バックバクで、やっぱり大手の銀行からでたら
すぐにタクシーにのるに限ります。
みんなの視線が怖い!

あとで友達と一緒に金額の確認をしました。
すると、友人が

「あれ!?2000ブル足りない!!」

エチオピアでは銀行員もお金をくすねることはおかしくない。
善良な行員であろうとなかろうと、大金であろうとその場確認が鉄則だったようだ・・・

無事に後日返してもらったが・・・・いったいどうなってるんだ!この国は!


 

14

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

調整員宅にて

 JICA事務所にはたくさんのスタッフが働いている。
 中でも一番お世話になるのは、調整員とフィールド調整員だ。

 その中の調整員さんが、任地に行くにあたり送別会を開いてくれた。
 ありがたいことに、調整員宅にてごちそうがふるまわれた!

 うまい!お寿司におでん!サラダにかき揚げ!ローストビーフ!
 特にサラダはうれしかった!サラダはいまだに怖くて食べれないが
 これは安心して食べれた!

 そして、いろいろと情報交換をして帰った。
 
 いよいよ出発の日も近い・・・ちゃんとブログできるのかなぁ・・・。

13

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

靴磨きと学生
朝事務所にいく途中に、いつも靴磨きの少年・青年がいる。

最初に見た時は、その多さややはりこの国の現状を知らされたという面でびっくりした。

でも、今日のはもっと考えさせられた。

ずらりと並んだ靴磨きの少年・青年たち。

そこに靴を磨いてもらう学校の制服をきた少年・青年たち。

磨く側と磨いてもらう側はほとんど同じ年だ。

この風景は頭に焼き付けておきたい。

12

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

語学研修修了
いよいよアムハラ語最終テスト!


私があたった抽選問題は4問。
シチュエーション:買い物
シチュエーション:病院
命令を聞いて、それを実行する。
この2年間でなにをしたいか・・・
の4問です。

買い物はいつもしていますが、体調を聞いたり、体の部位を聞いたりするのが難しいです。
また、未来形は少し変則なので難しかったですが見事クリアーし全員試験をPASSすることができました!

さぁいよいよ来週から任地バハルダ―ルです。

職場ではどんなことが待ってるんだろう・・・
とりあえず毎日語学は続けよう。

夜はシニアボランティアの方と試験PASSを祝ってご飯を食べに行きました。

楽器を持った人が数人でてきたので生演奏だ!と思ったら、
近くにあったCDを ウィーン とデッキに入れていました。

生演奏じゃないんかい!

また、そこは踊りが見れるところでアベシャダンス(エチオピアダンス)を堪能しました。
肩を激しくゆすり、手は両手を合わせ指先をしたに向けて穴を掘るようなダンスです。
めちゃくちゃ激しすぎます!

料理はやはりインジェラ。

そしてタッジ!
タッジは蜂蜜を発酵させた甘いお酒なんですが・・・
表現すると
すっごく久々に押し入れから出した雛人形みたいなかぐわしいフレバーが・・・

おいしくいただきました!

11

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

語学
明日で長かったアムハラ語研修が終わる。

明日はエバレーションという確認テスト(評価)がある。抽選で当たった問題を、その場で口頭で返答する。
アムハラ語は文法は日本語によく似ている。

たとえば    これは 犬 です。 となると
英語は     This is dog.  というように  S+V+・・・というようになるが、
アムハラ語は ihe usha noh. というように  S+noun+V・・・というようになる。

文法は簡単だが、単語が難しい。

私・あなた(男)・あなた(女)・あなた(尊敬)・彼・彼女・あなた(複数)・彼ら・私たち

で全て名詞や動詞が変化する。いわゆる女性名詞や男性名詞などだ。

例えば、私の家は bete 、あなた(彼)の家は beth、あなた(彼女)の家は betsh、あなた(尊敬)の家は betachow ・・・など。

しかし世界は広い。今のところ最も習得が難しいといわれるのがアラビックだ。リッチラングエッジといわれるほどで英語や日本語の語彙の何倍もあるんだそうだ。北京語やラオス語は発音が難しい。
ラオス語はマー(まっすぐ)、マー(尻上り)、マー(尻下がり)で順に 来る 犬 馬 という意味だ。

このエチオピアにも約80種類の言語が存在する。
この前のジンマでもオロモ語を使ったので、日本語・英語・アムハラ語・オロモ語をトランスレートしながら会話をしていたんです。

さて、明日は・・・と思ったら停電です!

はぁ・・懐中電灯で勉強しました。明日は頑張るぞ!

10

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

約束のご褒美!
今日はジンマから帰ってきて、久々にお風呂に入りました。
あぁ!最高!電気!水!家!食べ物!
こんなに何でもある生活は本当に恵まれているなと感じた。

そして今日はずっと決めていたお楽しみ!
今日は自分たちにご褒美ということで

シェラトンにいんでござぁーますの!

おシェラトンのアジアビュッフェにいんですの!

なぜか私服でいいのに、みなスーツに着替え・・・
いざシェラトンに!

すごい!ここは本当にエチオピアか・・・

111401.jpg




ロビーがめっちゃきれい!
111402.jpg


うわぁ!店内も!

111403.jpg

何と寿司!刺身!
111405.jpg


デザートまで!
111404.jpg


2年間がんばろーぜ!!!
111406.jpg


おいしく頂いたあと、やはりみんなでビリーをしました。
111407.jpg

09

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

ウ○ルン滞在記 ジンマ 4日目

 今日は移動日です。
 朝から、ずーーーーーーーーっと車でした。

 途中マントヒヒを見ました。

 帰ってうどん食べました。

 ってな感じで今日は写真でもごらんくださーい。

 賑わいを見せる日曜のオープンマーケット

 111025.jpg

 クンクン。こっちの紅茶はもっぱらシナモンが入ってます。

111024.jpg

 猿さんのホストファーマーが飼っていた猫ちゃん。

111023.jpg

 コーヒーは収穫して2週間天日で乾かします。
 
111022.jpg

 牛も道路をわたります。エチオピアはアフリカでもっとも家畜の多い国です。

111021.jpg

 点在するモナスリ(教会)きれいですね!
111020.jpg

 アイロンは昔の日本と同様、炭火の熱でアイロンをかけます。

111026.jpg

08

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ウ○ルン滞在記 ジンマ 3日目 

 夜中は、寝袋のダニやノミで痒くて何回も起きました。
 そして朝は寒い!気温は10度・・・寒すぎる。

 さっそく焚き火をして暖をとります。

 111007.jpg

 今日もムルタフさんちに行きます。行く途中で、ヤギの子供が・・・鉛筆の臭いをクンクンさせているところを撮られました。

 111008.jpg

 今日は日曜日!オープンマーケットの日です。村の人々がものを持ち寄り物々交換や買い物をします。
 こちらはテフ。これがインジャラのもとになります。1キロ7ブル(約50円)です。

 111006.jpg

  町を歩いていると、子供たちがついてきます。珍しいんでしょうね!相撲を教えてあげました。
 鶴を折ったりもしました。

  英語が喋れる子がいるので町を案内してくれます。

 111010.jpg

  こちらの子はシュンコラ(サトウキビ)をおやつ代わりで食べます。バキバキ食べます。4歳の子供もバリバリ噛んで食べます。歯が強いわけだ・・・。

  111019.jpg

  これはチャットをしています。チャットとは、日本では麻薬性植物でエチオピアでは合法でタバコ感覚で売られています。アップ系のドラッグでマリファナやコカインと違い依存性はありません。しかし、カフェインの含有量が多いのです。その葉っぱを口に入れクチャクチャと噛んで食べます。眠気が吹き飛ぶどころか一昼夜眠れなくなります。食欲もなくなるので、ダイエット?になるのかな?強く勧められましたが、食べませんでした。しかし、エチオピアではこのチャットは日本のお酒と同様コミュニケーションの仲介ツールのようなものになっている。このオジサン目がいっちゃってますね・・・。しばらくチャット中毒の皆さんに囲まれながら話していました。

  111017.jpg

これは羊をさばくところです。ここからは少しグロテスクなので、食事中の方は食後に呼んだ方がいいと思います。
 
 何かのお祝いの時には、こうして羊や牛をさばいて食卓に並べます。まだ生きた状態から、殺して肉にする過程は非常にショッキングで、日本でも命の授業としてあったことは有名です。それ以後食べれなくなってしまう人もたくさんいるようですが・・・。

 先週のジンマに発つ前の金曜日に鶏肉を買いにいきました。
 そう、鶏を絞めてもらいました。目の前で。
 目をそらしたかったのですが、反面ちゃんと見ておこうと思いみました。こうやって、スーパーや食卓に並ぶお肉は並ぶんだなぁと思った。
 絞めてもらった鶏の肉は、まだ温かく命の暖かさだった。スーパーで触るパックの冷たさではない。
 いつもいう 「いただきます」 の意味がやっとわかったきがした。

 ドミに帰ってさらに調理をする。砂肝や心臓、焼き鳥屋さんで並ぶメニューはこうやって付いてるんだなぁと半分生物的興味でさばき、今夜はローストチキンにして食べた。

 話は戻るが、全ての食べ物はその命をもらって自分の命の燃料にしている。もっと食べ物を大事にしたいし、命の大事さもや尊さもその屠殺されていく動物を見て感じた。

 111011.jpg

 いろんなことがあったジンマの研修。
たくさんの親切と経験、いろんなことを学ばさせてくれてありがとう!

111009.jpg
  

07

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ウ○ルン滞在記 ジンマ 2日目

 朝は早く起きて、まずは準備。昨晩はムスリムの放送で全然眠れなかった!!
 さぁ出発!
 
 さらに森の奥地へと入っていきます。
 111005.jpg

 するとついに村に到着!こんな家が立ち並びます。壁は牛糞と藁ですね。

 111004.jpg

まずは寝床の確保。よくわからない掘っ立て小屋にテントを張ります。前はスウェーデンのNGOが使っていた場所らしいです。
 この村は、電気なし!水はあるが生水!電波なし!
 ということで、懐中電灯・水・非常食・衛星電話をもってきました。
 わくわくしますね!

 ここで、一緒に来たグループはそれぞれのホストファミリーの所へいきます。
 私はムルタフさんという方のおうちにお邪魔になりました。
 こちらムルタフさん一家。とってもいい家族です。

 111016.jpg

 まずは昼ごはんをご馳走になったのですが、インジェラかとおもえばパンとマカロニでした。
 めちゃくちゃうれしかったです。何故かというと、一般の家庭ではほとんどインジェラなんですが、おそらく私が外国人で、食べ物はこうだろうと気を使ったんだと思います。パンは高いでしょう?と私が聞くと、そうだねぇ、高いねぇと困った顔をしていました。決して十分な収入はないのに・・・・ありがとう、ムルタフさん!

 美味しい美味しい!と食べました!
 美味しいはオロモ語で「ウミャー」です。名古屋!?

そうそう、書き損ねましたがこの村アムハラ語はほとんど通じません。ですから、文化も違う、言葉も通じない、本当の異文化交流なんです。全て最初はジェスチャーで!これがモドカシイというより楽しい!あらゆるジェスチャーで伝えるのが楽しかったです。教えてもらった言葉を逐一メモして、すぐに使うと住民は喜んでくれます。

 食後に、ムルタフさん自慢のコーヒー畑を見せてもらいました。これがコーヒーの実です。たくさん取れても1キロ5ブル(約35円)・・・大変だなぁと痛感します。

 111018.jpg

 コーヒー畑で観察していると、

 チクッ
 イタァー!

 足を見ると、大きいアリがたくさん群がっていました。地面には地面を覆いつくすアリ!気づくと私の白い靴が黒くなるほどたくさん靴にむらがって、そして終いには、靴の中やズボンの中に!
 噛み付くアリなので、でこピンで弾いてもかむ力が強いので離れません!
 ムルタフは笑いながら、大丈夫か?と言っていました。(背中がムズムズしませんか?笑)

 次に行ったのは、別の畑。
 これは木の上に筒のようなものがあるんですが・・・おわかりいただけるでしょうか?
 これ、蜂蜜を採るための巣なんだそうです。2年に一回とるそうです。

111013.jpg

 すると、ガサガサと木の上の方で音が!
 ムルタフさんが
 「見ろ!グレイザーだ。」 

 これがグレイザー
 111014.jpg

 白と黒の2トーンのお猿さんです。じっとこちらを見ています。黄色人種は珍しいのかな?  

 夜は焚き火をしました。電気がないので、ただただ夕闇を待つだけです。

 夜が深まり、焚き火から空に目をやると・・・・

 星はうわさ以上でした。写真じゃ表現できないほどはっきりと、そして空いっぱいに星がありました。
天の川がまるで雲のようにはっきりと輪郭が見えます。おそらく5等星までは肉眼で見えるし、人工衛星も見れました。もちろん流れ星も!

 最後は、カメラの機能を使って「エチオピア」を描きました!明日もいい1日でありますように!

 111015.jpg

 

06

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ウ○ルン滞在記 ジンマ 1日目
 テケテン~♪

 ライオンさんがぁ~  エチオピアのぉ~  カンジャカワルサ村の人にぃ~ であったぁ~
 (下条アトム風に)

 朝早くにドミを出発。
 今日は一日移動日になります。移動時間は約8時間。目指すは、エチオピア西部オロミヤ州ジンマにあるカンジャカワルサ村へ!

 果てしなく広がる広大な大地!アフリカですね!
 
 111001.jpg

 エチオピアのサバンナ。よく見るとキノコのような家があります。
  111002.jpg

 国道は整備されています。これはヨーロッパのNGOや政府の支援でできた道路。おかけで物資の搬入など便利になりました。移動時間も悪路ではないのでずいぶんと短縮です。しかし、油断すると・・・
 事故です。
  111003.jpg

 とりあえず初日のホテルに着きました。ふぅー!
 これはホテルの窓から見えるバスの停留所。ジンマはちょっと都会です。
  
 111012.jpg

ジンマは標高が低く1400Mくらいなので、マラリアの汚染地域でもあります。また、猫がたくさんいますが狂犬病をもっているので、擦過傷でも報告ものです。ホテルはなんと、プールつきでした。まぁ泳いでないけどね・・・
 
 ジンマにいる専門家と明日の打ち合わせ。専門家と次のような話をした。

 ジンマにはエチオピア国土の10%にも満たない貴重な森林地帯が広がる地域。この森林を保護しようというのが我等JICA専門家チームの目的。しかし、上の写真にもあるように、広がる大地は以前すべて森だったのだ。しかし、食糧不足や収入の確保のため木を切り倒しテフ(インジェラのもととなる穀類)やメイズ(コーン)の畑にしていった。生きていくために木を切り倒さざるをえなかった。また、数十年前の緑の革命でも大きな痛手を負ったアフリカ。その結果が森林を減らすことになった原因の一つだろう。

 今は単に森を守るという目的でなく、住民にとってお金に代わる森だということを意識させているそうだ。幸いにも、この森にはコーヒーがある。そのコーヒーに付加価値をつけて少しでも住民の収入を向上させれば森に対する住民の意識が変わる。今はその手助けをしているんだそうだ。

明日は目的の村まで2時間。

明朝8時にホテルを出発!
 

05

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

はがき

 事務所にあるポストを覗くと

 あ!!!!

 110501.jpg

 おばあちゃんからの手紙だ!

 1か月前くらいにだして、返事が来た!
 懐かしい字や日本の消印・・・遠い海を越えて届く手紙はとてもうれしい!
 
 ありがとう、おばあちゃん!

 明日からエチオピアの西部ジンマというところにヴィレッジステイに行く。
 これは、完全なテント暮らしでおそらくアフリカと言われ皆さんが抱くイメージの場所に行きます。
 来週の月曜まで、そのジンマに居る予定です。
 
 ブログの更新は来週月曜までできません。 帰ってきたら、一気にアップしようと思っています。
 
 では、いってきまーーす!

 
 
 
 

04

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

食べたいものはたべたい!

どーしても今日うどんが食べたかった。
どーしてもだ!なぜなら、今日アムハラ語でおいしいや酸っぱい等の味覚の表現をして
そこに うどん という言葉がでてきたからだ!

さっそく帰りに、小麦粉を買って家に帰り、うどんを作った。塩水を少しずつ加え水廻しをし
しばらく寝かせて伸ばしたら完成!

おつゆは鰹節があったので、それでだしをとって玉ねぎを入れた。

ズルッ・・・
ちょっと粉っぽいけどみんな

「うどんだぁ!」

と喜んでくれた^^

また、別メニューでロールキャベツを作った。
生姜たっぷりのロールキャベツだ。
ちょうど風邪をひいてる人もいたのでよかったよかった!

食べてるみんなはうれしそうだった。自分もうれしかった!
ボランティアってそういうことかな・・・と思った。
誰かが喜んでくれるなら、そのために無理のない施しや補助・協力をする。
ときによっては一緒にする。


みんなテンションが上がったので、その勢いでビリーズブートキャンプを開始!
最近みんな太ってきてるらしい。

エチオピアの夜にこだまする・・・

「ビクトリー!!!」

03

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

肉じゃが
 今日は文化の日。
 日本はお休みなんですね・・・。

 今日はハレグ先生と一緒にアムハラ語を使って料理をした。

 まずは買出し・・
 オープンマーケットでスパイスを売るおばちゃん!
 
 110403.jpg


 ハレグ先生が本日振舞う料理は!
 
 カイワット!そして野菜のワット!  

 ワットとはスパイスの効いたエチオピアのシチュー

 110402.jpg
 

 そして日本人チームが振舞うのは、肉じゃが!!

 110405.jpg


 できあがって、お互い試食。

 ワットはうまい!店で食うより断然美味しかった!

 肉じゃがを食べるハレグ・・・

 「ベタム イテマル!」 (=とてもおいしいわ!)

 でも、甘かったらしい。毎日こんだけ辛いの食べてたらそりゃ肉じゃがは
 甘く感じるよな・・・と思った。

 110404.jpg


 よかった!喜んでもらえて!

 今日は、中学からの親友の結婚式!ケイちゃんおめでとう!
 末永くお幸せに^^

02

Category: 任地赴任前研修

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

病院
 やっぱり調子が悪い。
 朝体重計に乗ると、一晩で1キロ減っていた!

 一応健康担当のナースにいうと

 「よし!病院いこう!」
 と言われた。

 ぎいぃゃああああああああああああ!

 病院は嫌だ。特にこの国での病院は本当に怖い。
 まず、病院にいくと病気をもらう。さらに、ここの病院はかなり不衛生で無菌室とは名ばかりの床は砂利のICUがある。なんだか採血の針まで怖くなってくる・・大丈夫か、おい!
 近年、エチオピアの医療制度が大きく変わった。恐ろしい制度だ。
なんと、1ヶ月あまりの講習を受けた看護師は開腹手術をしてもいいということになった!

 なんと・・・なんと恐ろしい・・・。
 しかし、ナースは

 「大丈夫!早く治療したほうがいい!」
 といわれ病院に。

 わりと、きれいな病院で、先生(問診)をされた。
 血液検査と便検査・・・。
 この国の病院のシステムは変わっている。
 何もかも、一回一回お金を払わなくてはならない。

 代金払って、先生の問診。
 代金払って、検査。
 代金払って、お薬。
 こんな感じ。お金を払わないといつまでたっても病人だろうと診てくれない。
 これがこの国民が医療関係にアクセスできない理由のひとつかもしれない。

 あと、一人の病人に対してたくさんの家族が同行してくる。たとえば子供が病気の場合、おじいちゃん、おばちゃん、お父さん、お母さん、兄弟で病院に来る。もちろん、お年寄りの場合は家族総出で病院にくる。そんなに来なくてもと思う反面、家族をとっても大事にしている習慣がみられてほほえましかった。

 検査が終わって結果を聞く

 No パラサイト、アンド クドゥント ダイジェスティング・・・んー」
 要は、寄生虫はいないらしく、しかしながら消化はできてないらしいので
 とりあえず抗生剤と虫下しを出しておきますねということだった・・・・

 ん?NO パラサイトでは?

 おい!虫はいねーっていったじゃねーか!!!!
 なんで処方すんだよ!

 お薬を待っていると、看護婦さんが清算の呼び出しをしている。

 「Dr.○○○○!」

 いつの間にか、私はDrになっていた・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。