02 ,2010

海外青年協力隊にいくまで,そして活動報告も含めながら内容をUPしていきたいとおもいます。 いろいろコメントもらえると嬉しいなぁo(^皿^)o


プロフィール

ライオンさん

Author:ライオンさん
Hi! This blog is state of my life of Ethiopia.
I've been living in there as volunteer.
If you could, You can feel free to write your comment!

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

結果
朝起きると、熱も下がったように思えるが8.6だった。
各関係者に、状況報告と病院の手配をした。

病院に行って、血液検査を行った後、鎮痛剤をうってもらった。
検査結果までに時間がかかるので、少し病院のベッドで横になった。
鎮痛剤が効いてきたのか、あのブルブルと震える寒気は吹き飛び体がポカポカしてきて眠りに入ってしまった。

「結果、でたよ!」

連れてきてくれた隊員が起こしてくれた時は、服がびっしょりなほど汗で濡れていた。
結果は腸チフス。ウイルス性のものらしい。予防接種をしていてもかかるときはかかるらしい。
口にものを運ぶ以上、防ぎようがない。
特に、疲れがたまっていて抵抗力が落ちてたんだよとDrはいう。

抗生剤と痛み止めを処方してもらい、服薬して夕方まで寝入った。
夜、新しく来た看護師の新隊員の人が様子を見に来てくれた。
おかゆや水等もたくさん持ってきてもらった。本当にありがたかった。
感謝しています。
夕方には7・2まで下がり大分回復していた。

はぁ~死ぬかと思った。

スポンサーサイト

27

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

やばい・・・
午前中は、他の隊員と一緒に食事を済ませ、そこのワンコ洗いを洗った。

今日は、セイドゥと一緒に畑を作る約束をしている。
二人で、庭を耕し石を丁寧に取り除いてゆく。
決していい土壌ではないので、スイカ程の石もゴロゴロしている。
開墾ってこれくらい大変だったのかなぁ、だったら日本のあの広大な田園は、本当に昔の人が一生懸命作った
賜物だとしみじみ感じた。
ある程度耕し、山羊のフンを混ぜてしばらくしたら種を蒔く。

昼下がり、読書をしていると寒気とダル気が…あぁ風邪でも引いたかな?と思いベッドへ。
夕方、あまりの寒さに検温すると38.6・・・

えぇ!!

一応、他隊員にも連絡し、明日朝市で病院に連れて行ってもらえることになった。
その時の隊員は

「夜中にハァハァ言いながら電話してくるから、どこの変態野郎だ!?」

と、後日談で語っている。

まぁ、でも水分とって汗かいて寝るか!と思い水を飲んだ後横になる。
しかし、一向に熱は下がらず、1時間後は39.2までなっていた。

うわぁ~・・・マラリアかなぁ・・・

苦しみながらも、ひたすら寝るが全く寝れなかった。
しばらくして、激しい腹痛に襲われトイレに籠る。あまりの激痛に脂汗がしたたる。
さらに震えるくらい寒い。最悪だ。

しばらく動けず、はいずりながら薬を飲んで朝を迎えた。
余りの危機ぶりに、

「なんだ、これ…ふんだり蹴ったりだな」

と、ポツリと一人でささやき笑ってた(笑)

あぁ、頭もおかしくなったかな…。

26

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

くぅーぎぃー!!!
今日はムスリムのお休みの日なんで、学校も休みなんです。

前々から準備していたチェストづくり!
さぁ作るぞぉ!

さっそく木材をノコで切って、釘を打って…
あら?曲がっちゃった。
もう一回!
釘を打って…フニャ・・・。

なんじゃ!!この釘は!!!!

打っても打ってもすぐ曲がる。これじゃ作れないじゃないかぁ!!
さすがエチオピアクオリティ・・・。
来週月曜にもう一回いろんな人に聞いて、丈夫な釘を探すか・・・。

学校まで来たついでに買い物をして帰った。
お肉屋さん
10022601.jpg

結構グロテスクですよ?切った肉をそのままつるす。近くにはもちろんレバーや心臓もドーンとそのまま置いてあります。大型冷蔵庫なんてものもありませんから、売り切れるまでこうして吊るしてあります。だから、暑い日になんか行ったら、傷んでたりハエがブンブン…肉の臭みもなかなかとれませんが、それなりに美味しく調理していただいてます。
と、言っても自分は月一でしか食べていませんが(笑)

25

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

筆耕
今日は以前にも言った理科実験用具専用のチェストの材料を買いに行った。
釘・ちょうつがい・カギ等なんとか全て買うことができた。
明日はどうやらムスリム(イスラム教)の休みらしいので学校も休みのようだ。
明日は休日出勤して、チェスト作るか!

今学期に入って、先生達は教材作りに勤しんでいる。これは、実は毎年あるノルマで各科目でティーチングエイドの見直しや改良。
そして、新作を作るというノルマがある。そこで、自分は及ばずながら尽力させていただきます。
で、私は何やら字(英語)がうまいということで、字を書いてくれと言われ筆耕係のようなことをやらされています。

24

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ガーン
約束通り朝8時前に学校に来て出発の準備をする。
昨日巡回指導員と約束で、今からもう一つの学校を見学に行くという約束だ。

巡回指導員はやってきた。

私「じゃあ、行こうか!?」

指導員「…案は?」

私「へ?」

指導員「案は?案もなしに行くのか?いつ・どこで・どんな内容でやるんだ?」

私「いや、だから昨日も言った通り、もう一つの学校を見てから…」

指導員「案が無いとだめだぞ?今日はもう学校に行かない。」

ガーン…

あれだけ行こうって話になって、今日はビシッと白シャツまで着てきたのに…キィーーー<(`^´)>

まぁいいや。するなって言われてるんじゃないし。

気分変えて、授業に。
今学期は受け持ちの子供の名前を全部覚えたくて、1コマ丸々使って自己紹介の時間にしました。
生徒数は61人。多い…しかも読み方が難しい。でも、名前で呼ぶとみんな嬉恥ずかしそうだ。

23

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

飲酒
久々の学校だが、いやな予感がする。

来てみると…

やっぱりぃ~・・・(泣)

なんと自分が作った実験道具がきれいに捨てられていた。
その仕事場自体もきれいになっているのだが・・・どうやら一緒に捨てられたらしい。

あぁやっぱり…
実は、他の隊員からも同じ事はよく聞いていたのだ。ボランティアがいない間に教室が変わったり改造されたり…
果ては、管理者が変えられて自分ではその教室も使えなくなったり…

やな予感したんだよなぁ・・・

ちなみに、この人たちは全く悪気はない。おそらく私が
「勝手に捨てないで!なんで捨てたんだよ!?」
って言っても
「おいおい?カバダ、何をそんなにカリカリしてるんだ?見てくれ!綺麗だろ?」ぐらいです(泣)

仕方ない!こーなったら、理数科実験道具専用のカギ付きチェストを作ってやる!!

さっそく設計
10022604.jpg


ということで、校長・副校長・機材管理担当者に掛け合い廃材を利用してチェストを作らせてもらうことにした。
もちろん手作り。
ものがない、予算がないは聞き飽きた!見てろ!廃材使って、いいもの作ってギャフンといわせてやる。
ギャフンと言わせるのが目的じゃなく、まぁ、これからまた実験道具捨てられたくないからなんだけどね・・・。

授業の準備をしてると、一人の先生が
先生「おーい、カバダ!今からご飯食べ行こう!」という。
もう昼は済ませてきたというと
先生「今日はエチオピア正教のお休みの日だから、人んちに御呼ばれにいくのが習わしだ。いこう!」と言われ、同僚の家に…。
そこで地酒のタッラというビールのようなものを出され
私「いや、勤務中なんで・・・」というと
先生「最低2杯は飲まないと無礼なんだぞ!!」
といわれ渋々・・・。
知ってる人もいるかもしれませんが、私はお酒を飲むと顔が真っ赤になります。
私「あぁ、なんてことだ。これで教壇に立ったら、生徒は顔が赤いことに気づくだろうなぁ・・・。酒気帯び勤務なんて・・・」と、ブツブツ言いながら学校に戻ると、数学の先生が
数学の先生「カバダ、今日は休みでムスリムとかの生徒しかいなくて人数少ないから、私が授業をやる。」と言ってきました。
よかった!…けど、ちょっとやってみたかった気もするんだけど…(笑)

自分でも小さい規模だが、地域でセミナーをやってみたくなったので巡回指導員にそのことを話してみた。
すると、明日の朝8時に一緒にもう一つ地域の小学校に連れてってくれるという。
そして、そこで授業内容を見た後、うちの学校の授業内容を総合検討して案をだしたい!というとわかったということだった。
んー!活動っぽいな!

22

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

職場観光
今夜にバハルダ―ルに帰ることになっているのでそれまでに・・・。

今日は同僚の職場を見てまわることに。

まずはシェフ猿渡の職場であるエチオピア観光通商公社へ。
ここは主に現地の資材を利用して、お土産品などを地域の人たちで作っているところ。
そこで、シェフはデザイン隊員としてマーケティングやお土産品の品質向上・改善が大まかな任務になっている。
公社の中は、陶芸・鉄鋼細工・木材家具・竹細工・インジェラなどそれぞれの分野で工房が連なっている。
みんな気のいい優しい職員の方たちばかりで、初対面の私にもいろいろと教えてくれた。
特に印象的だったのが絵画工房。
中に入るとたくさんのキャンパスが。忠実に写真からおこした絵から抽象画まで。たくさんの絵が描かれている。
画家さんにあいさつ。するとニコニコと笑うだけ。

「?」

すると、シェフ「ここの工房は、耳が聞こえない人や話せない人がいるんだよね。」

そうかぁ…。うれしそうに自分の描いて絵を見せるその人は、本当に自慢げでどれも一生懸命描いたことが伝わるものばかりだった。
障害があっても、こんな風に気持ちが豊かに働ける職場は温かい感じがして印象に残っている。ちなみにコミュニケーションは手話を使うらしい。
次行ったとき、教えてもらおうかな?

次に行ったのは、シェフの家。シェフの住まいの噂はよく聞いていた。
そう、前回シェフはネズミ取りを買ったことを覚えているだろうか?彼が言うには今4戦4敗。いつも罠は餌だけ取られてしまっているらしい。
こちらを見てほしい。

10022602.jpg


写真のように、通路を1本化することでネズミを餌まで誘導し、そこをバチコーン!!という寸法らしいが駄目だったらしい。
新たに改良し設置しなおすシェフ。

10022603.jpg

途中何を誤ったか、自分で罠にかかり指を挟んでしまう場面も(笑)
果たして、デフェンディングチャンピオン・ネズミにシェフは今度こそ勝てるのか・・・。

次の職場は若さんのヘルスビューロ。主に担当地域の健康や感染症、医療機関の管理をしているところだ。
若さんはエイズ対策なので、地域の病院にいって実態把握したり、学校や施設にいって感染予防活動を行っている。
中に入ると、とってもきれいな事務所だ。
施設のことを話した後、一緒にもう一人の理数科隊員の学校に寄って、ドミトリーに帰った。

身支度を済ませ、バハルダ―ルに飛行機でとんで帰った。
1週間ぶりのバハルダール。やっぱり田舎が落ち着くなぁ・・・

家に着くと、メールが。シェフからだ。メールには

「Nezumi yattsuketa! Imawa Tonarino inu no onakanonaka!」

おめでとう!新チャンピオン!

21

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

理数科隊員セミナー
理数科隊員によるセミナー。
現地の先生を招いて、教育局と協力し現地の先生達のスキルをアップしていこうという講座。

内容は、物理・化学・生物・ジェネラルサイエンスの4つに分けて、それぞれの分野で実験を行う。
準備物や実験の仕方、どんなところに気をつければいいか、生徒にどんな発問を?等実践的な事を中心に講座はすすんだ。

物理のテーマは気圧。気圧をを利用して新聞紙の下に割り箸を置いてチョップをして割ったり、水の入った空き缶を熱し急速に水で冷やしベコベコにしたり…。
化学は、化学反応による物質の性質変化。硫黄と砂鉄で硫化鉄ってやつです。それが反応前後で磁石にくっつくか否か。
生物はお馴染み、葉緑体に光をあてる・あてないで、デンプンができるかできないかをヨウ素液でチェック。
ジェネラルは、摩擦(2冊の本のページを交互に重ねていくと離れない)や密度(密度の違うものをコップに注ぐと2層化)についての実験をしました。

先生方は、本当に真剣なまなざしで一生懸命メモをされたり質問をしていました。
このセミナーで、先生方がここで学んだことを生徒達に実験を通して科学の面白さや考える大事さを伝えてくださればと思います。

今回は私は、記録兼サポートでしたぁ。

20

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

マザーテレサ音楽会
本来なら今日は理数科隊員による現地教員の為のセミナーを開く予定だった。
しかし、今日は大統領選挙も間近ということで、集会があるらしい。
ということで、セミナーは明日に延期になってしまった。

しかし、自分にとってはとてもうれしいことだった。

それは、セミナーと日程がかぶっていて、出席ができなかったはずのマザーテレサ音楽会に出れるからだ。

マザーテレサ音楽会は、AIDS患者や肢体・知的等の障害がある方たちが低費用である程度の治療が受けられる施設で行われるボランティア音楽祭だ。
マザーテレサが残したこの施設で、JOCV(青年海外協力隊)は数年前からずっとこの活動を続けている。

実は、この音楽会ずっと出たかった。自分がエチオピアに派遣が決まり、先輩隊員のブログを見ていた時にこの音楽祭のことを知り出たいと思っていた。
そして、今日その夢がまた一つ叶った!

マザーテレサのその施設は、アディスアベバの都市の少し郊外にある。
中にはたくさんの患者さんたち。患者専用の服には番号が書いてあった。
AIDS患者さんもいる中、障害者の人もいる。みんな運んできた楽器に興味深々だ。
この国に来て、初めてダウン症の子にも会った。音楽が好きで、とっても人懐こくかわいい子だった。

音楽会は始まり、トップバッターは私と体育隊員の二人。出し物は演奏だ。体育隊員がサックスを吹いて、私がピアノで伴奏をした。
曲はカーペンターズの「Yesterday、Once More」。洋楽だし馴染みなかったけど、みんなに音色が楽しめたらいいんだけど。

次に、隊員による現地語で漫才やエチオピアダンス。日本人学校の生徒達による合唱などがあった。
エチオピアダンスでは、体育隊員がエチオピアの民族の踊りを部族ごとにそれぞれ取り入れ作ったダンスだ。
エチオピアの音楽を聴くと、たくさんの患者さんたちは体を揺らし・踊り、みんな笑顔だった。
一緒にみんなでこの楽しい時間を過ごしたこと、本当に感動した。
病気になって、閉ざされた空間で治療に専念。少しでも何かみんなに楽しいことをプレゼントしたかった。
そんな患者さんたちが、笑顔で楽しんでくれてる。このエチオピアに来たもう一つの意味を自分は何か感じることができた。

最後には、施設内の子供たちによる劇が用意されていた。
これがまた面白い。何かのおとぎ話をするかと思えばなんとシリアスな劇だった(笑)
夫婦喧嘩や強盗が押し入り銃で撃たれたりと子供では難しい内容ばかり。しかし、子供らは堂々と演じている。
途中、お父さん役が子供役の子を叱る場面があったのだが、あまりにお父さん役が熱が入りすぎて子供役の子がそれに圧倒され台詞を忘れる場面があった。
また、女の子が2・3分間ずーっと「大丈夫?」と、何度ももう一人の女の子を慰め続けるというだけのよくわからないシーンもあった。

みんなは楽しんでくれて本当によかった。
何より、自分の小さな夢がまた一つ叶ってうれしい一日だった。


来年もまた出たいなぁ。

19

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

なんかずれてる
今日はエチオピア隊員になって、初めての隊員総会。
年に2月と8月の2回に分けてみんなが首都に集まります。

内容は、ドミトリー運営、予算収支報告、連絡事項など・・・。
あら?こんな隊員さんもいたんだ。あ、どうもはじめまして!
みたいな人も沢山いました(笑)

午後は、分野別に分かれて理数科分科会を開きました。
今後の理数科教師の活動方針。
広域セミナーに向けての検討など・・・。
 
最後に、それぞれの学校の状況について報告しあったのだが・・・
こちらのパソコンを見て欲しい

10022007.jpg

これ、なんと教科書なんだそうだ!このノートPCの中に全教科の教科書が入っている!
これを生徒一人一人がもっている。
しかも、ブラウザがついていてグーグルやウィキペディアが使えるらしい

キーボードもエチオピア仕様だ。
10022008.jpg

ヨーロッパのどこかの国が寄贈したらしい。

てか…

そこドネーションいらねーだろ!!??

そんなパソコン入れるくらい予算があるんだったら、他の学校の教科書とかの数を充実させろよ!!
日本でも教科書のデータ化をして、ノートPCで授業なんてやってないし!!
新しくできたパソコンのモニターとして企業が寄贈したのかしらないけど・・・
なんだか力が抜ける。
そんなところに力を注ぐ必要はない。なんかずれてる。

これが現実かなぁと感じる。結局提供・寄付する側も実態を把握しないとドネーションの意味がない。
容易に物資を提供することで、なかなか人的支援が理解してもらえない。

18

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

学校見学
首都隊員の学校にお邪魔して、授業の様子を見学させていただくことになりました。
こちらが、学校。
で、でかい!
10022005.jpg


しかもきれい!
授業は数学の授業で、今日の内容はパーセンテージでした。

10022003.jpg

発表する生徒。楽しそうです!

10022004.jpg


授業は英語が中心で、時々アムハラ語を使っています。
生徒は、うちのバハルダールの生徒よりも身なりはきれいで、体格もふくよかな生徒ばかりでした。
やっぱり、首都は生活環境が違うのかなぁという感じです。

授業後、参観した隊員で授業後の検討会をしました。
まるで研究授業・・・
でも、自分の学校の情報や今回の授業の改善点など全てが目から鱗の内容ばかりでした。
日本では、問題があっていた場合○をつけ、違っていたらピンをします。ここでは正解はピンをつけます。
だから、ほとんどの隊員が○は正解だからね?と教えてから、○を使うようにしています。
かくゆう私も○を使っていて、花丸をあげるとすっごい喜びます。なんだか○っていいですね。
あ、別にピンであってもいいんですよ?


最後に、ここエチオピアでもゴムとびはあるようです。
今の小学生はしないかな?
10022006.jpg

17

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

健康診断結果
今日は健康診断の結果がでた。
まず、体重だが来た当初は75キロあったのに
今日計ったら67キロになっていた。
ここの体重計はどこまで本当かはわからないけど、4ヶ月で8キロ減。
バハルダールで計ったときは65キロだったので10キロ減・・・。
確かに、履いて来たスーツのズボンのウエストはコブシ1つ半ほども入りそうです。

次に、出発前に問題だったコレステロール値は下がっていました!
やったぁ!
最近肉が嫌いになり、月に1・2回くらいしか肉を食べてません。
理由としては、肉が美味しくない。買っても、停電で日持ちしないのであまり買わないようにしてるんです。

面白かったのは、ヘモグロビンの値。
当然ここは高地なので、多くの酸素を体中にめぐらせるためヘモグロビン値があがっていました。
日本に帰るころには、ちょっとやそっと?じゃチアノーゼにならないと思うので、東京国際マラソンでも参加してみようかな?

その後、首都アディスアベバにせっかく来たので映画館に行ってみることにしました。
首都には、そんな娯楽施設が!
片田舎のバハルダールにはそんなものないので、興奮しまくりです。
ポップコーンやコーラもあって、んで館内もきれいです!!
1回30ブル(≒180円)

ここは本当にエチオピアか?と思うくらいきれいでした。
見た映画は「アバター」。同期のシェフ猿渡は、すでに3回も見るほどのお気に入りぶりで(それしか娯楽がないからかもしれないが・・・)
そういうことならと、アバターを見ました。クマと、もちろんシェフも同行してついに4回目。

感想は
面白かったです。すごいきれいなCGだなぁと感じた。こんなに外界は発展してんのか(笑)
個人的には、自分もエチオピア人の体をアバターとして使って買い物に行きたいです。
(ぼったくられたくないから・・・)

お昼はアディスアベバでコース料理が食べれるというサラムビレッジというところにいてきました。
ここは、スイスかどこかの国が孤児を立派なウェイター・ウェイトレスにして就労を支援するというところ。
とってもきれいで、雰囲気もいいです。確かに外国のお客もチラホラ。

10022001.jpg

料理はなかなか美味しかったです!
毎日メニューが変わるそうなので、来るたびに楽しみがありそうですね!

※お詫び
 以前何度かブルを円にトランスレートしていましたが、間違っていました。
 現在は若干ブル高の1ブル=6円です。大変失礼致しました。

16

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ねずみとり
スウェディッシュの病院でA型肝炎の予防注射を摂取しにいきました。

その後シェフ猿渡と一緒にネズミ捕りを買いに行きました。

1002002.jpg

うれしそうにねずみ捕りを買うシェフ。
罠は昔のアニメに出てくる、チュウチュウとやってきたねずみをバチコーン!!と挟むやつです。
何でもねずみに、最近スポンジをとられたとか。
夜もガタガタとうるさいらしく、昨夜はねずみと目が合ったそうです。

ついに我慢しきれず、今日購入にいたったとか・・・。
スゲー家に住んでるな!



15

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

健康診断
今日は健康診断でした。

血液検査・レントゲン・検便です。

毎回なんだけど、血液検査でもそうだけど針は怖い・・・

「お父さん、お母さん、ごめんなさい。」って思ってやってます。

異常がなければいいんだけど・・・。

同期の家にお邪魔しました。
同期の家はコンパウンドで大家さんと一緒に暮らしています。
だから、ガードマンもいません。

そこの大家さんの子供

10021605.jpg

おんぶをしているお人形さんまでショルバ(髪を編みこんでるやつ)
ほぼ禿げてます(笑)


14

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ミルク代
町を歩いていると、知らないおじさんが

「君は外国人か?」

と聞いてきた。
そうだよ、どう見たって外国人だろ?と思いつつ話を聞くと

「昨日ソマリアから出てきたんだが、銀行が閉まっててお金が下ろせずミルクを買うお金がない。お金は明日返すから!」

というので、

「IDを見せろ。」
というと

「親もいない。逃げてきた。IDはない。」
という。

かなり真剣だったし、エチオピア独自のなまりも無かったので
ミルク缶を買ってあげた。騙されてもいいかと思ったので・・・。

「ありがとう!あした必ずお金は返しにくるから!!ありがとう!」

わざわざ電話番号まで聞いて、さらにドミトリーの場所まで確認してきた。
ん~なんとなく腹に落ちない感じだが・・・明日本当に返しにくるかなぁ・・・
人を疑うことを習慣にはしたくないんだけどなぁ・・・。

13

Category: アディスアベバ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

広域体育セミナー
体育広域セミナーというものが、1週間前から始まっている。

それは、エチオピアの体育隊員を中心にアフリカ各国の代表隊員とそのカウンターパート(相方)を
エチオピアに招待し、みんなで体育教育(HPE:Health Physical Education)を発展させていこうというものだ。
場所はアディスアベバにあるホトベ大学というところ。

参加国は、スーダン・ガーナ・モロッコ・セネガル・カメルーン・ウガンダ・ザンビア等12カ国が参加した大規模な
研修だ。

内容は、ハンディキャップを持った生徒の配慮や生徒との信頼関係をつくるエクササイズ。
体を使った楽しい授業などの研修だった。

後々は、理数科教師隊員も広域セミナーを計画しているようなので、しっかり勉強せねば。

私たちがお邪魔したときは、実習は終わっていてそれら1週間の研修をふまえてアクションプランを考える活動をしていました。

10021602.jpg


各国の人たちは、自分たちの国の抱える体育教育の問題に真剣に考え、そしてこれからの取り組みについて
堂々と発表をしていました。フランス語圏の国の人は英語に翻訳して発表していました。

堂々と発表をしているそんな場所にいれたことにすごく感動しました。
いろんな国・違う言葉の人たちが、今ここで同じことをみんなで考えてることがすごいことだなぁと感じた。
いつか自分もこんな研修の一部を担えたらと思う。

訓練所時代に一緒だった同期も代表として来ていた。
久々の再開でうれしかったなぁ!

ビバ21年度2次隊!

10021603.jpg

世界のどこかでまた会おう!!



12

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

首都へ!
いよいよ、今日約3ヶ月ぶりに首都に行く。目的は、健康診断と隊員総会・理数科セミナー等だ。
なんといっても同期と会える事が楽しみだ。

家を精一杯きれいにして、冷蔵庫を空にして、前もってガードマンにお給料を渡して。
今回は飛行機で行くことにした。フライトは22時00分。

丁度、このフライトに一緒になった日本人のコンサルタントの方もいらっしゃったが、どうやら犬に噛まれたらしく
狂犬病のワクチンを打つために急遽首都にあがることになったという。犬は遠くから走ってきて、いきなりその方の足に噛み付いたという。こ、こわい・・・。噛まれて発症すれば致死率100%狂犬病・・・。
こっちに来て本当に犬が怖い。

2人で空港で飛行機を待つ。22時になってもアナウンスもない。ボーディングの知らせもない。
結局飛行機が出発したのは23時30分。

1時間半も遅れが!

しかし、一切断りや謝罪もない。さすがエチオピア。

搭乗を済ませ席に座った。
機内で隣の席に座った女性が、飛行機が初めてらしく離陸時の浮遊感でびっくりしたのか
いきなり、私の手をバッっと握ってきた!
「大丈夫です!」といいつつも、彼女の頭には先日の飛行機事故があるので怖いのは当然だ。
機内サービスで、パンとジュースを配られた。隣にいた女性はそれはうれしそうにパンを食べて、そしてパンの
入っていた袋を

ポイッ!

機内の床に捨てた!

街中でも、簡単にごみを捨てるエチオピア人。まさか、機内でもやりおるとは・・・。
ごみを捨てるな!と過去一回知り合いに言った事があるが大抵逆に怒り出すか、

「カバダ、何をそんなにカリカリしてるんだ?気にするな^^!」

気にするわ!

そんなこともありながら、首都のドミトリーに着いたのは24時30分でした。

つかれたぁ・・

11

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

宝くじ
エチオピアにも宝くじはある。
削って当てるスクラッチもあるが、今回私が購入したのはコレ!

10021606.jpg


教会の宝くじ。教会が?おそらく新しい教会を建てるための資金作りとして、宝くじを教会が発行している。
1口2ブル。

1等 テレビ
2等 冷蔵庫
3等 自転車


と、なかなか燃える内容になっている。
お金がなければ、宗教もビジネス。

当たれば儲けもんかな?

ちなみに、1口10ブルになると
1等は イギリス2週間旅行とか、iPNONE とかもっといいものが賞品となる。

果たしてここは本当にエチオピアか?

10

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

腹痛
今日は昨日食べたインジェラが当たったのか(失礼)ホットケーキがあたったのか、激しい腹痛に深夜から悩ませられた。
定期的にくる腹痛に耐え切れず、今日は学校を休んでしまった。

幸い今は授業を持っていないので休めたのだ。
今週末首都に行って、それから2週間滞在予定なので授業は持たせてもらってない。
でも、バハルに帰ってきたらまた授業を担当する。

ひたすら脱水症状を防ぐため、ハイポトニック(アクエリアス・ポカリなど)を飲んだ。

外の庭では、セキュリティ・ガードのトイレの設営が始まった。
これで、セイドゥたちはトイレでいちいち家に帰らなくて済むだろう。

よかった、よかった。


09

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ホットケーキ
今日は暇だったので、ホットケーキを焼きました。

10021601.jpg


卵・牛乳・砂糖を混ぜて、そして小麦粉・ベーキングを混ぜました。

んーなんか、クレープっぽくなりましたが、美味しそうです。

パク


夜は、エチオピア人と首都から上がってきている隊員で一緒にインジェラを食べました。
手作りのインジェラは美味しくて、バクバク食べてしまいました。

その後・・・・死ぬほどお腹が痛くなりました。

食べすぎ注意ですね・・・。

今日は2月9日。
自分にとっては忘れられない日です。
丁度1年前、JICAの合格通知が届いた日だ。
自分の夢が叶って本当にうれしかった反面、不安もあったのも覚えている。

あれから、1年。なんか自分は変われたかなぁ・・・。変わってないような(笑)

08

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

△定規
朝出勤すると、小2のクラスで英語とアムハラ語で日本のことを教えてやってくれ!といわれ
そんなん無理…と思いつつ、クラスへ連れていかれました。

自己紹介をして、いくつか日本のことを聞かれ、最後に一応ラボラトリーテクニシャン(実験技術者)という
肩書きがあるので、空き缶と紙コップ・エタノールを利用した燃焼実験をして生徒に見せました。
すると、大喜び!
招待してくださった先生も大喜びで…はぁ、よかった(-_-;)ホッ

夕方・・

町にある材木屋さんに行って、余った木材を利用し黒板用の三角定規を作ってもらうことにした。
2件ほどまわって、ドネーション(提供・寄付)という形で直角3角形(3・4・5)と直角2等辺3角形の
やつを作ってもらえるようになりました!

なんと、タダで!!

これで、便利なことが分かれば教材につぎ込む予算がまわってくるかも!
予算がまわって、教具を発注すれば材木屋さんも儲かる!
少しでも、先生たちが教えやすくなればいいな…。

よし、次はガウス座標の書かれた黒板だ!(これは内容次第では実費かな?)
これから、相似とか関数の授業をするので、いちいち座標書くのめんどくさいし…。

もちろん、木材を提供してくれた会社の名前を入れるように言いました。
JICAと連名にしようかな?(笑)

07

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

お勉強
たまに障害の勉強もしたりする。

今日はてんかんについて勉強した。
以前、急に発作を起こした生徒を”EVIL EYE”(邪悪な目)と呼んでいたことはちょっと気にかかったので
何とか少しでも、正しい理解・知識をしてもらえたらと思い調べていた。それがてんかんの発作じゃなくても
何か分かるかもということで調べていて、興味深いものが

分離脳

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E9%9B%A2%E8%84%B3

人間はすごい繊細な生き物だなぁと感じた。
そして、不思議というか強い生命力を感じた。
脳を病気でいくらか脳を摘出した後、
脳は少しずつ自己再生で、脳細胞が増えていったという症例も聞いたことがある。

人間ってすごいなぁ!


06

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

コンサルタント
こちらのバハルダールに住んでいると、いろんな日本人の方に会う機会がある。
もちろんそんなにしょっちゅうではないのだが、観光やお仕事、私のようなボランティア。

んで、今日は日本のコンサルタントの方たちの食事をすることになった。
開発コンサルタントの方たちで、地方をまわり調査や開発をするのが目的だ。
滞在期間は1か月~3か月とさまざまで、そのプロジェクトに応じて変わってくる。

地方のインフラの話やコンサルタントの仕事について等いろんな話を聞いた。
また、開発コンサルタントの人は、さまざまな国にも行っているので各国の文化の話を聞くことができた。
自分にはまだ知らない世界が広がっているんだなぁと、興味深々で聞いた。



05

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

交通手段
もうすぐ健康診断と隊員総会というエチオピア全土の隊員が首都に集まってミーティングを行う行事がある。

従って、首都アディスアベバに行かなければならないのだが、そこに行く手段が、バスか飛行機か。

バスは夜間バス「コブラ」というのが一つと、スカイバスという2種類くらいが主流だ。
コブラというバスは、夜に出発して荒野を一晩中走る。だいたい10時間かかる。腰が痛くなりそうだ。
メチャメチャ車内も狭いと聞く。おまけに、運転手は眠たくなるらしく相当危ない運転。しかも、絶壁なところも
通るので、1つ運転を誤れば…もちろん、そんなしょっちゅう事故ってるわけではないが。

スカイバスは日中に移動する比較的安心して乗れるものだと思う。しかし、コブラよりは運賃は少しお高め。

飛行機は、エチオピアン航空。バハルダ―ルは1日に朝と夜の2便。バハルは停電がある。バハルの空港は予備電源
が無いので、空港も停電する。そうすると、便が遅れたり、飛ばなかったり。一番怖いのは、滑走路の誘導灯が消えてしまうこと。
これじゃあ、飛行機着陸できないじゃん!!

結局値段は高いが、早くつく飛行機にしました。
んで、今日そのチケットを買いに行ったというだけのこと。


04

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

セイドゥとお買いもの
乾期に備えて、水がめを買いに行った。
結構大きな水がめを買おうと思っている。
断水が始まると3日は水が全く出ないこともあるので、それなりに蓄えられるものを
買っておこうということだ。だから、高さ120センチくらいの大きい水がめを買うんだけど、
買っても一人じゃ持って帰れないので、セイドゥについてきてもらった。

そしたら、めっちゃ大変だった。
予算は300ブルくらいだからとセイドゥに言った。すると、セイドゥは、少しでも安く買おうとしてくれたみたいで5件くらいまわって、30分後くらいにやっと1件に絞った。
そこからが大変だった。
セイドゥは、値段の交渉に次第に熱が入り、店主と口論になってきた。

私   「いいよ、セイドゥ(汗)その値段で…ね?」

セイドゥ「いいや!待て待て!この値段は、高すぎる!」

余りの激しさに、20人くらい人だかりができていた。
おそらく自分がいるので外国人価格で売りつけようとした店主に腹が立ったのだろう。
もめた末、
何とか交渉成立。

一生けん命値段交渉してくれたことがすごくうれしかった。
この水がめ、大事にするよ!^^


ありがとう!セイドゥ!

03

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

音 楽
学校にハーモニカを持っていった。

今、学校の音楽の先生に国家の楽譜を借りて吹けるようにちょっと練習している。
出来栄えは…まだまだ披露は先になりそうだが…

もっていって、最初に喰いついたのは図書室のおじいちゃん先生。私からハーモニカを奪うや否や
ピロピロ~と吹き始めた。軽やかにハーモニカをスライドさせ演奏している。

ピロピロ~♪ ピロピロ~♪・・ピロ・ピ♪ ピロピロ~ピ…(体がプルプル…)

興奮と息が続かないのか、非常に苦しそうにハーモニカを演奏しているおじいちゃん先生。
鼻息も荒くなり、音も小さくなったところで

先生 「どうだ、ハァハァ…カバダ、ハァ…、今のはいい音だろ?ゲホ、グホッ…」

息を切らせながらも、このどや顔である。

私 「…おぉ、すごいね!なんの曲だったの?」

「ん?適当。」

適当かい!!

この先生にこれ以上ハーモニカを吹かせると適当な曲で酸欠になりそうなので取り上げました。
これで、健康を害されても責任を負いかねます。

しばらくして、息抜きにiPODで音楽を聴いていると、仲のいい職員がそれ何?というので
音楽を聞かせてあげました。

おそらくイヤホンが初めてだったんでしょうね。

「うわぁ!音楽が頭の上から聞こえてくる!!」
 
頭の上!?

他の人も「ほんとだ!」といって、頭の上を見たり…



その表現は新鮮でした。そっかぁ~こっちの人はイヤホンで音を聞くと
頭の上から音楽が聞こえるように感じるんですね。

自分は、両耳の間、つまり頭の中心から音が出てるように感じます。

みなさんはどうですか?

こんなこと、普通考えないよね(笑)




02

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

実験テスト
ペットボトルロケットを学校でテストしてみた。
空気入れと水、そしてペットボトルを準備していざ学校に!

といっても、今はお休み中なんで生徒は学校に来てない。
でも、何人かは学校に遊びにきている。
このくらいの生徒の数なら…
あんまり生徒が多いと混乱し収拾がつかなくなるので、このチャンスにテストをする。

さっそく実験をしていると、案の定生徒たちが寄ってきて興味深々に見ている。
ペットボトルロケットを飛ばすと、

「おぉーーー!」と言って喜んでいた。2、3回生徒達にもやってもらったが
やっぱりビショビショになった(笑)


みーんなビショビショになって、実験を楽しみました(^v^)

01

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

フィダル
今週いっぱいは、先週行われたテストの添削、また子供たちのプチ休みになっている。


3日前からフィダル(現地文字)の勉強をしている。

これが現地語フィダル
10020303.jpg


といっても、チョコチョコ…毎日町の看板読んだり、先生に聞いて読み方教えてもらったり、本読んだり。

授業が始まり生徒に提出物を出させた場合、生徒の名前を読めなくてはいけない。
もちろん、出した提出物にコメントも書いてみたい。
「おしい!」とか「よくできました!」とか。
こっちの先生は、添削を見ているとサインだけだったりする。
だから、コメントなんかあると喜ぶだろうなぁと思った。
実際、授業中に生徒に質問し、正解して私が「素晴らしい!」というと
「おぉ~!」とか「やったぁ!」とかピューピューと口笛が鳴る(笑)
字を覚えると、スピーキングの上達も早いとか。

もっと早くフィダルの勉強をしたかったが、英語の勉強と現地語の単語・動詞暗記等会話中心の勉強で随分とフィダルの勉強を後回しにしてしまった。
まぁモチベーションも無かったのもあるかな?

なんとか必死に覚えて、まだ書けはしないが読めるようになってきた!!

同僚に「日本語より簡単だろ?」と言われた。

…確かに。日本語は漢字・ひら・カナの3種類あるし。

そういう意味では、フィダルは簡単!?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。