03 ,2010

海外青年協力隊にいくまで,そして活動報告も含めながら内容をUPしていきたいとおもいます。 いろいろコメントもらえると嬉しいなぁo(^皿^)o


プロフィール

ライオンさん

Author:ライオンさん
Hi! This blog is state of my life of Ethiopia.
I've been living in there as volunteer.
If you could, You can feel free to write your comment!

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

バハ高・タナ中

午前中で仕事を切り上げ、今日は他校を見学に行こうということで
バハルダ―ル高校(バハ高)とタナ・ハイク中学校(タナ中)を見学に行った。

バハ高は、生徒は多くて3000人?くらい生徒がいる。
見た目はもう大人で、厳つい男子生徒やおしゃれをした女子生徒であふれかえる。
同期体育隊員の授業を見せてもらった。エチオピアの体育授業はセオリー(座学)とプラクティス(実技)という2種類に分かられる。今日はセオリーだ。

楽しそうに授業をする体育隊員…。うらやましい…。やっぱり自分も授業がしたいって思ってしまう。(涙)

その後、タナ中に行きました。
タナ中にはラボラトリーテクニシャン(実験専属の先生)がいていろんな道具を見せてくれた。
特に印象的だったのがコレ

ヘビです。捕まえてアルコールに浸したのかな?

10040105.jpg

ワニの子供です。湖にいた子供を ワ・シ・ズ・カ・ミ ♡

10040104.jpg

ここでの先生はたくましくないとな!



スポンサーサイト

30

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

生徒VS教師
朝学校にに着くと、いつもの様子と違う。

とっくに授業の始まる時間なのにいまだに生徒は校庭に整列している。

今日は定期的に開かれる生徒と教師の意見交換の日だ。

教師は生徒に、今回悪かった点・良かった点などを告げる。

今度は逆に、生徒が教師に授業においてもっとこうしてほしいという意見を述べるのだ。

先生たちは、その要望に是か非か答える。

こうしてこの学校の教育の質は向上されていく…?

ほとんどアムハラ語だったので、アリンコを棒でつついて遊んでました。

昨日、校長先生に「生徒にサイエンスクラブとイングリッシュクラスのお知らせをしてほしい!」と頼んでいたので
これは絶好の舞台じゃないかと思って、今か今かと待っていたら…

話し合いはそのまま終わってしまった!

はぁ~やっぱり…忘れてる。

仕方ない…地道に宣伝しようかな!

先生達の教材の見直し表
上から、修復、調査、改善、作成等各教科でノルマをこなして教材を作る。
エチオピアの先生も頑張っている!

10040103.jpg

体育教員ムルアレム自作の砲丸投げ用砲丸。コンクリートでここまで球形にするのは器用だ。

10040101.jpg

29

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ガーン…
学校に行って、昨夜作ったサイエンスクラブとイングリッシュクラブのお知らせを校長に持っていった。
すると

校長「メンバーの選抜はどうするんだ?たくさんくるぞ?」

私「それは、ココに書いてあるでしょ?抽選だよ!」

校長「どんな内容をするんだ?書いてないぞ?」

私「この前の企画書見た?第17回までのプランが書いてあったでしょ?覚えてる?」

校長「もちろん!覚えてるとも!」

私「・・・・。」

校長「で、イングリッシュクラブは何人だ?」

私「だからぁ…はぁ、ここに…」 イライライラ…

校長「そんな言ったって、1学年240人いるぞ?どうやってカバーするんだ?」

私「最初っからいってるじゃ~ん、元々放課後に他の先生なんて誰もヘルプに来てくれないんだから、人数多いと一人で授業できないよ。そんなに英語強化したいなら他の先生も説得してよ。」

校長「じゃあ、いい。選抜だな。」

私「任意希望者って書いてるのに…」

成績はどうあれ、英語を学びたい生徒に学ばせたかったのに選抜で成績優秀者のみの構成になりそうです。
仕方ないので、この条件を飲みました。とりあえず立ちあげて形にしたかったので。

明日の朝に校長先生が、生徒たちにアムハラ語でお知らせしてくれるそうです。

その後、衝撃の言葉が副校長から…

副校長「カバダ、今日からお前が今やってる数学の授業やめろ。元の数学の先生に変わってくれ。お前は英語はできるが、生徒は英語が理解できん。お前はアムハラ語はできんしな。」

聞きたくなかったけど

私「…変えてほしいって、うちの生徒が言ってきたの?」

副校長「そうだ!」

ガーン…

ショックだ。
授業はずっとしていたかったのに…そうもいかないか…。自分でも薄々気にはなっていた部分だったし。
はずされても納得のいくものかな…。

いや、悔しい!

いつか、また授業復活してやる!<(`^´)/

それに、まだサイエンスクラブやイングリッシュクラブが生きている!

!?

ていうか、サイエンスクラブとイングリッシュクラブはほとんど英語なんですけどぉ~副校長さぁ~ん。

愚痴ってすいません(-_-;)

28

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

クウォ~タ~
今日で日本を発って丁度半年になる。

これで、約4分の1…あっという間だったように感じる。

最初は、初めての海外で目に入るもの全てが新鮮、ショックで時間を意識する余裕なんて無かったんだと思う。

今は少し落ち着いてきたけど、未だに発見できていない奥深いエチオピア文化に驚かされたり、楽しませてもらったり、考えさせてもらっている。

これからは、この国・生活・風土・人に馴染んでいって活動をよりいいものにしていきたい。

今日は,明日生徒達に配るサイエンスクラブとイングリッシュクラブのお知らせを作らなければ…。

27

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

薬の小瓶
ガバヤ(市場)に買い物に行った。

土曜日はたくさんの人で市場は賑わう。
食べ物・服・食器・寝具…いろんなものがこの市場でそろう。

運んできたトマトや食べカスのマンゴー・パパイヤが道中に捨てられている。
それが強い日差しに照らされて発酵し、すっぱい生ごみのような鼻を刺す匂いのする市場だ(笑)

その中で、貧しそうなおばあちゃんが売っている雑貨ブースを見つけた。
空き缶、瓶、プラスチックケース、ペットボトル…全てごみをあさってきて調達してきたものだろう。

その中の瓶が目に入った!なかなかこのサイズの瓶はない!よく見ると医薬ラベルのついた瓶だ。

…怖い…。

しかし、どうしても欲しかったので買った後慎重に袋に入れうちに持って帰って洗浄・煮沸・消毒。

10032703.jpg


これで、アルコールランプや薬液・試薬液入れに使えそうです!
蓋は鉄?なんで、塩酸や硫酸は無理かな?

10032704.jpg

これからのサイエンスクラブ向けのアルコールランプにしようかな?

26

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

CLUB
放課後まっすぐ家に帰る子供たち。

放課後の時間を何か利用できないかと考え、クラブを作ろう!ということで

その名も

Science Technology Club!

(Technologyは最初は無かったんだけど、つけた方がカッコイイって先生がいうので)

そして

English Club!

Science Technology Club では、毎週水曜日の放課後、希望生徒を対象に理科実験をやって科学を学ぼう!という目的だ。
授業でやることが最も理想的だが、この学校は1コマ1コマの授業の間に休み時間は無い。また授業は40分。実験をしたくても、前の先生が授業をおしてしまうとその分授業が短くなってしまう。
実験は安全に行われることが第一なので、あせって事故でも起こしては大変だ。放課後なら時間にも余裕があるし、始業前には10分ほどの準備時間もある。
子供たちに主体的にできるようにしたい。

English Clib は、現在エチオピアでは英語で授業することが基本になっている。しかし、実際はほとんどの先生が現地語で授業を行っている。英語の授業でも、英語をアムハラ語で教えている。一方的な授業なので生徒達に英語のスピーキングの時間は無い。
子供たちは、英語が喋れるだけで大人になった時の就職率や就職可能な枠がグンと広がる。積極的に英語で話すことで、語彙を増やしたり、話す楽しさを知ってもらおう!と思った。
自分も、実際に恥ずかしがらずに喋ることで、少しずつだけど語彙や話す技術は上がってきている。子供たちと一緒に勉強する意味でも、このクラブを立ち上げたい。
水曜以外に毎日を計画している。(先生が毎日してくれと言ってきた。)

さっそく起案書を作って校長に見せたら、めんどくさそーに『やってもいいけど、○○先生の許可がいるよ。それからイングリッシュクラブの方は△△先生の許可がいるよ。』
面倒なシステムにも負けずに、両先生方から許可をもらった!

『手伝わせてくれ!』

という先生もいたが、

『放課後だよ?』
というと

『すまない、家に帰る。』

なんじゃ、そら(笑)

さっそく来週教室に、お知らせ掲示を貼ろうと思う♪

来てくれるかなぁ~果たしてうまくいくか!

やってみるしかない!

25

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

謎の紳士
10032702.jpg




この写真なんだと思いますか?
突如現れた校舎の壁に現れたこのおじさん。
とっても偉そうな人のようです。最近新しくできた図書館の近くの校舎にこの巨大な絵が現れました。

近くにいた先生にこの絵は誰だ?と聞きました。
すると、

『しらない』

えぇ!!!だれ?じゃ何の為に?

『これはねぇ…しーっ!!』

『は?』

『しーっ!静かに!ここは図書館の近くだから…』

えええええええええええええええええええええええええええええええ!?

図書館があるので、このおじさんは皆に注意しているようです。上の字は『だ ま れ』の文字…。

しかし、この絵の効果は無く子供たちはしーっおじさんの前で声を出して遊んでいました。

がんばれ、しーっおじさん。(´・ω・`)

図書館を初めて利用するワクワクちびっ子達

10032701.jpg

24

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

3B
今日も先生方と休憩中におしゃべりをしていた。

今日の話題は『エチオピアで女を幸せにするもの3B』というもの。

エチオピアで女性を幸せにさせる3つのBというものを、男の先生達が話していた。
いわゆる一人前の男のステータスみたいなものだろうか。

男性の先生『まず、ボルボ・マキーナのB!』

(マキーナとはアムハラ語で車の意味。ここで何故ボルボの車なのかはツッコまないでほしい。)

男性の先生『次は、ベトのB!』

(ベトはアムハラ語で家の意味。マイホームってところでしょうか。)

男性の先生『最後のは…え~っと…あ~…』

どうやら男性の先生、忘れてしまったようです。他の男性の先生達も思い出せません。

そこにやってきた1人の女性の先生に男性の先生が聞きました。

男性の先生『おいおい!あれ、あれ!なんだっけ?女性を幸せにするもの!3B!車と家と…』

女性の先生『え~…わかんないわ。…子供!』

あぁ、なんて美しい答えなんでしょう!子供が全ての女性にとっての幸せであるとは限りませんが、ギラギラした野郎達の車や家とは訳が違います。
ちなみに子供はアムハラ語でリッジといいます。Bなんて含んでないけど、もうどうでもいい!感動した!

しかし、そのあと

男性の先生『んなわけないじゃん。あ!思い出した!ビデオカメラのB!』

・・・・

しょぼっ!!(゜Д゜)!!

なんて薄っぺらい!あんなすばらしい答えの後にこんなチープな答え!しかもビデオカメラのビは正確にはVだし!!

思わず日本語で「しょぼ!」って言ってしまいました(笑)

23

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

子だくさん
今日はスーパーバイザー(巡回指導員)のナウェイと話をした。
彼は現在クルクアルメダ小学校(私の配属校)と近所にあるドナーバルバレ小学校を行き来している。

英語も普通に喋れるので、エチオピアと日本のいろんな問題が話題になった。

中でも一番盛り上がったのは、人口について。

日本は現在少子化が進んでいることを伝えた。
すると、ナウェイは『日本は裕福で豊食だろ?どうして少子化になるんだ?』と聞かれた。
ん~裕福で豊食だから人口増加は結びつきにくいけど…まぁカクカクシカジカで少子化なんだと伝えた。

じゃあエチオピアは?と聞き返すと
『中国に似て、政策として現在3人まで子供を作っていいことになっている。』と返答が返ってきた。
ナウェイは続ける。
『ここ近年で、その政策ができた。昔は1家族に13人子供がいたんだが…今じゃ3人までだよ。一夫多妻制の時は、全部で30人子供がいたよ。わははは』

はぁ~…13人…一夫多妻制で…30人…

日本での子供手当、すごいことになりますね。

22

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

日当無しじゃ…
学校に企画書を持っていった。
内容は理数科教師を対象にした実験セミナーだ。身近なものを使って、どうやったら理科の実験ができるか、どのように授業に取り込んでいくか等を学ぶセミナーだ。
今回は、私ともう1人の理数科隊員計2名で行う計画。みんな時間がとれる土曜日で半日だけにした。

巡回指導員に他校の先生も誘ってほしいとセミナーの概要を話にいくと快諾してくれた。校長先生も、やってもいいよって感じの軽い返事だった。
じゃあ、さっそく本校の理数科の先生も誘おうと思って説明しに行ったら、

『それは大切なのか?必須なのか?』

『おいおい、休みじゃないか!お金は?お金がないと行かないよ。』

『せめて80ブルね。出せるんだったら100ブルほしいわ。(笑)』

やっぱりな…。はぁ、期待通りの反応でした。ほとんどの隊員はそうだと思いますが、この国でセミナーや講習会を開くにあたってお給料無しでは開催はあり得ません。だって、みんなお金ほしいんだもん。
だから、教育局にスポンサーになってもらって、お茶やご飯、日当を提供してもらいます。技術を向上させる志よりも生活を潤してくれるお金が大事なのはわかります。

こうでもしないと来ないのに、どうしてスポンサーを付けずに今回やろうとするのか。

理由① 教育局から協力を得るのは相当な説得と時間がいる。
  ② 日当無しでも、どのくらいの先生が集まるのか知りたい。
  ③ 今回のセミナーの活動を記録し、アンケートと一緒にデータをまとめて教育局に提出。
   (→企画書だけを出すより、より具体的な内容で分かりやすい。結果協力を得やすいかも?)
  ④ そもそもお金で来させるというのを、あんまり根付かせたくない。

と、自分なりに考えた上でのプランなんだけど…。この調子じゃ…と弱気になって、再び巡回指導員に本校教員の反応も含めて違う日にしようかと相談したところ

『そんな教員はほっとけ!やろう!学びたい教員だけでやろうじゃないか!』と言ってくれた。

なんて心強いお言葉!

結局、他校の先生方のスケジュールもあり日時が1週間ずれそうですが、とりあえず1回開きたいな…。

21

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

週末のヒッキー
最近、休みの日は引きこもっている。
特に意味はないし、一週間分の洗濯や掃除をして1日が終わってしまう。

近頃風が強くて、2日ぐらいであっという間に砂埃がたまってしまう。片栗粉のように粒子の小さい赤土が舞う。

掃除しても、掃除しても、掃除しても・・・・埃っぽい。

鼻毛伸びまくりですな。ボーボーですな。

20

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

歌で学ぼう!


最近自分がはまっている英語勉強法がある。
それは、歌!

歌を歌いながら、発音や言い回し・文法を学ぶという方法。
特に発音に効果が期待できるらしい。

手元にある音楽データの中から選曲。

今はカーペンターやビートルズという優しいゆっくりの歌から練習している。

ついつい盛り上がると、声を大きく歌ってしまう(笑)

家で歌っていると、守衛のアレモが

『なに?呼んだ?なんか用?』

と、歌声を呼び声と間違えてやってくる。

『い、いや、なんでもないよ…(恥)』

19

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

逃げるな!!
『逃げるな!カバダ!』

最近ちょっと弱気になっていた。

授業に時の言語についてだ。

最近は、90%は英語、10%はアムハラ語(現地語)だった。
今教えている生徒は8年生だから、今年で卒業をして次の学期にはセカンダリースクールに進学している。セカンダリースクールでは、英語が中心に授業がされることが多くなってくる。だから、今のうちに少しずつ英語にならせておきたいという目的があった。
しかし、ほとんどの生徒は英語が分からず、数学の内容が難しくなっていくほど専門用語が増えていき、理解不能に拍車をかける。
結局、良かれと思ってやっていたことが助長にすぎなかったようだった。
明日から、先生変わるかもしれないから…という事を生徒に伝えてデスクに戻った。

すると、いつも来ない生徒が何人か来て

『ティーチャ―、やめないで!』と、言いに来てくれた。

いつも訳の分らん質問ばっかりして授業をストップさせる生徒も、この時はお前いい奴だなぁ…と感激した!

そんな時、相談した先生に言われた言葉が『逃げるな!カバダ!』だった。

よし、そんならやっちゃろう!!ということで、徹底的に数学用語を先生達にしつこく質問しまくって英語からアムハラ語に翻訳しまくった。

そして、授業…

結果は、最高によかった!生徒の反応も良かったし、分かった!という意味の『ガッバ!』という言葉もよく聞こえてくるようになった。

授業が終わった後、生徒から『”わかった?”って皆に聞くときは、ガバッチョウ?って聞くんだよ!(笑)』とアドバイスしてくれた。

英語もアムハラ語ももっと勉強して、自分の作りたいスタイルを築いていこうと思う。






18

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

AIDS/HIV
新しい健康管理スタッフの方がバハルダ―ルに来られた。
JICAのスタッフで、過去にもケニアやタンザニア、ザンビア、マラウイと南半球アフリカを中心に隊員の健康を守ってきた心強い方だ。

着任直後に色々とこの国の医療状況を調べているそうだが、やはり問題はAIDSだ。

どの程度のサンプリングかは分からないが、妊娠しているエチオピア人女性を対象に感染調査をしたところ、全体の30%が感染していることがわかった。


近隣諸国のHIV感染者は減少傾向にあるが、この国の抱えるAIDS問題はまだまだ深刻だ。

近々4年に1度の選挙がある。新しい国政で少しでも感染者が減ってくれればと切に願います。

17

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

仕事せいっ!
今日の守衛当番はアレモだ。
学校から帰ってくると、守衛のアレモは髪を切っていた。

『あれ?アレモ髪切ったの?』

『そうだよ!かっこいいだろ!?』

『う、うん。…いつ髪切りに行ったの?』

『今日!』

お前は今日守衛当番じゃないのか・・・・。

16

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

New図書館
今日は正装で行かなければなりませんでした。

なぜなら今日は新しい図書館とトイレを寄付してくれたNGO団体が来るからです。
んで、私はデジカメを持っているのでカメラ係になりました。

こういう時だけ、利用して…都合がいいんだよ…ブツブツ

愚痴りながら、黙々とセレモニーの写真を撮り続けました。
せっかく撮るんなら、ちゃんと撮らなきゃと思いいろんな角度からパシャパシャ撮りました。

セレモニー後、校長に呼びだされ絶賛されました。

『いやー、カバダ!すごいよ!感謝してる。教育局の役人さんたちが驚いてたぞ!?カメラを撮る技術はすごいな!!』

そこかい!!!

教育局の人たちにはもっと、理数科隊員として実験の大切さや意義・素晴らしさに感動してほしかったのに、何故かカメラマンとしての技術に感動されるとは…

友人達の結婚ラッシュで披露宴の記録係として磨いたこの腕がここで光りました。

寄付したNGOの代表の人は『次はラボラトリーを作りますね!』と高らかに宣言していた。

こりゃ後任要請だな。

テープカット

10031802.jpg

こちら新しい図書館

10031801.jpg

セレモニー中に、詩の得意な先生が図書館をお題に詩を朗読

10031803.jpg

15

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ポト・・・
眠れなかった…。ずっと眠りが浅く夢の中で英語の説明を呟いてた…。
緊張してたわけじゃないけど、気にかけてたからかなぁ(-_-;)
しかし、この今日の授業が後の対教師セミナーの講義内容になるわけなので少し緊張します。

準備をして学校へ。今日はバハルダ―ルにいる同期にアシスタントをお願い授業をする予定です。
また同じバハルダ―ルにいる理数科教師の先輩隊員も見に来てくれました。

まずは事前に、担当の先生と打ち合わせ…がアクシデント!とうかアポイントメントミス!!
どうやら担当の物理の先生は、エレクトロニックモーターの実験だと思っていたらしく、大気圧はいいよ!と拒否されてしまいました。
えぇ!…そこを何とか…もう準備しちゃったし。

お願い!

というと、

先生『わかった。頼むよ!』

っっよし!!じゃあこれ、今日の説明文だから読んでね!もし、生徒がわからなかったらアムハラに翻訳して…

先生『まかしとけ!』

そして、実験授業をしました。
じゃあ、まずは担当の先生が生徒に挨拶、そして

先生『じゃ、カバダあと宜しく!』

え?

そう言うと彼は職員室に行ってしまいました。

ぅおおおおおおおおおおおおい!\(゜ロ\)

打ち合わせと違うじゃんか!!

結局授業は私1人で進めることに…

今日のトピックは大気圧。新聞で割り箸割ったり、水のフラスコ温めて風船膨らましたり、気圧を利用してカンを潰したり、気圧で噴水作るの4本立てでした。
お湯を使うので、ガスでお湯を沸かしているとご飯食べれるの!?と目をキラキラさせてくる生徒もいました(笑)

時間が35分しかないのでかなりの駆け足でしたが皆楽しんで、大気の特徴は掴んでくれた?みたいです。

はぁ~!なんとかやり遂げたぁ!充実感に浸って天を仰いだら鳥のウンチが頭にポト…。

・・・・

チョップで割りばしを割ってくれた同期体育隊員
10031501.jpg

体積膨張を説明中
10031502.jpg

14

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

原稿作り
昨日の移動が応えたのか、疲れを引きずってゴロゴロしてしました。

といっても、明日は実験授業があるので準備をします。
明日の授業は、説明は全て英語ですることにしました。生徒が英語で分からない部分は、その場で教科の先生にアムハラ語に翻訳してもらいます。
そのためには、事前に先生に英語の説明文を渡して予め理解しててもらう必要があります。
で、今日はその説明原稿作りと実験準備で1日が終わりました。

13

Category:

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

万能食品バター
早朝からバスに乗り込む。
ここバハルダ―ルからバスで片道2時間離れた場所インジバラに行くためだ。
インジバラには現在3名の隊員が居て、そのうちの一人が任期を終え日本に帰国するので、その送別会に行ってきた。

10人乗り程の小さなワゴンに詰められて片道2時間。インジバラ到着。標高はバハルより高い約2600m。断然涼しい!
マラリア汚染もない!素敵な町だ。

ちょっと小腹がすいたので、近くの食堂でバイヤイネットという野菜だけのインジェラを食べた。
これが、またおいしい!!おそらくエチオピア1うまい!インジバラのバイヤイネットのおいしい評判は噂で聞いていた。
本当においしかった!さらにインジバラは水がきれい!水道から出る水は臭みがなく、飲んでも当たらない!(自身で確認)

お昼から、インジバラ隊員達と一緒にBBQをやって日帰りでまた2時間かけて帰りました。

そのバスがねぇ~…ご存知の方もいるかもしれませんがエチオピア人ってポマードやジェルの代わりに髪にバター塗るんですよ、えぇ。
もう、テッカテカ。んで、その頭でバスに乗るもんだからバスが若干バター臭というか、汗とそのフレグランンスがミスマッチで…はい、そんな匂いです。
ヘッドレストとかなんかヌルヌルしてるものもあるし(笑)

バターバスでバハルダ―ルに帰ってきました。

12

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

寝苦しい…
来週に8年生を対象に、物理の実験をしようと思い担当の先生に相談した。
するとその先生は快諾してくれた。
内容は『大気圧』一通り習っているはずなので、きっと楽しんでくれると思う。

日本は暖かくなってきているみたい。アフリカといっても北半球にあるエチオピア。
日照時間が日に日に長くなっているため、暑くなってきた…。

夜も暑くて寝苦しぃ!!聞けばニジェールやジプチの隊員はあまりの暑さに、タオルを水で濡らしその上に寝ている。
吹く風は、ドライヤーの温風の如しとか…。

まだましか…

11

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

新聞ダイジェスト
3112.jpg



バハルダールには、周期的にこういう新聞のダイジェスト冊子が届く。
一度読むととまらない。ということで夜中の3時まで読んでしまった。

記事は政治に経済、福祉、スポーツ、教育。
日本を離れてから、経済や政治に興味がわくなんて皮肉だなぁ・・・

穴が開くほど見たのは、教師の精神疾患数が過去最高、障害者自立支援法集団訴訟終結へ等・・・

そして、へぇ~と思ったのは気象庁の桜開花予想をやめるんだとか。この時期になるとニュースでよく聞いていたこのフレーズも来春からないそうです。

もうすぐ桜が咲く季節だなぁ、福岡は4月頭、岡山は中旬かな?

10

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

提出物
授業が終わった後、よーし今日宿題出すから!というと生徒から「ぎえ~~~!」という奇怪な声が漏れた。
変なの(笑)と思いながら、片付けて教室を去ろうとすると「ティーチャー!」といってノートの切れ端の束を渡された。
こりゃなんだ?と見てみると、前回病気で休んでいるときに代わりの先生が宿題を出していてくれたらしい。
その回収を学級委員が集めて持ってきてくれた。

311.jpg


ノートのきれっぱしで提出するのは、この学校では当たり前。教科書のない子らにとって、家に帰って復習するにはノートは欠かせないので切り離す。
それにしても、サイズもバラバラ・・・でもちょっと嬉しい^^

早速添削するが、まず英語で書いてあるのだがその字すら読めない特殊な形をしている。一人目の解読と添削に30分・・・
2人目以降は何とかスラスラと添削できるようになっていた。
もちろん添削は○か×。点数によってもコメントを変えたりした。

みんなそれぞれノートや式の書き方も違うので、けっこう面白かった。
ここが苦手なんだなとか、ここ勘違いかな?とか・・・傾向までわかった気がする。
次はちょっと実力テストしてみようかなぁ・・・。

09

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

3月9日
学校は、今日1日小テストのようで授業も全くなかった。
ので、セミナーに向けてコツコツと準備をして1日が終わった。

夕方、夕食を作っていると

ドンドンドン!

ドアを叩く音がする。誰だろうと思い確認してみると同期隊員だ。

「歌、歌いにきました!」

え?

「今日、3月9日なんでレミオロメンの3月9日歌いに来ました!」

ほう・・・

しかし、私はギャラリーに徹し、行きかう通行人や子供たちをお構い無しに路地で熱唱して帰っていった。

彼は本当に歌いに来ただけだった。

08

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

そういう年頃
今日は数学の先生がいなかったので、突然3コマ持つことになった。
そのうち、1つはいつも行っているクラスだ。

初めて行くクラスは歓迎ムードだが、挨拶も程ほどに授業を始める。
一番ショックだったのは教科書の進み具合だ。
私が持ってるクラスとは5ページ程差があった。
少しスローすぎたかなと反省しつつ授業を進める。

途中、生徒に解いてもらった問題をみんなで答え合わせをしている時に
私が「Is it correct?」と聞くと、あっているときは「Yes」とか「No!」とかいろいろ言うのだけど
その声に混じって

「Fuck’in Answer!」
と答えたやつがいた。
あぁ~ん!?誰だ?このやろ~と思いつつ、一回目は無視したが2回目も

「Fuck’in Answer!」
もう、許さん!
「だれだ!そんな汚い言葉を使ってるのは?使うな!」
と指導したけど・・・覚えたての英語やスラングは使いたがるんだろうなぁ・・・


07

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

面白い
先日首都アディスアベバに上がった時に、たくさんの本を借りてきた。
ドミトリーには歴代の先輩たちが残していった書物がたくさんある。

伝記やエッセイ、ミステリーにハウトゥ―本、漫画本まである。

その中で一番目を惹いたのが、『谷川俊太郎質問箱』というものだ。

知ってる人も多いと思うけど、これはネット上の『ほぼ日刊1101(イトイ)新聞』というものに載っていたコーナーを本にまとめ上げたものだ。
これは、糸井重里さんが毎日更新しているブログのようなもので結構面白い。(検索するとあります。)
その中でも、この質問箱は自分のお気に入りだ。

谷川俊太郎さんは、詩を作ることを中心に活動している人だ。
そんな詩人谷川さんが、老若男女様々な質問に作詩家ならではの感性で返答しているのが面白い。

例えば、どうしてお風呂に毎日入らなきゃいけないの?とか、見たい夢をみるにはどうすればいいの?とか・・・
単純に見えて、奥深い質問もあります。

科学的で根拠がある収束的な答えというよりは、広がりのある優しい気持ちになれる答えだなぁと感じました。

もし機会があれば、どうぞ御一読くださいな。

読書の春かな?

06

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ペッパ~ステーキ
週末。

朝掃除をしていると、隊員の友達から

「一緒に昼飯食べないか?」

と、お誘いがあった。

で、今日行ったお店の名は

「スターバックス」

え!?スターバックスって!あの!?
違います。現地の人が、似たような名前を付けているだけなんです。
ここはバハルダ―ルでも有数のおしゃれスポットなんですよ?

中に入って、さっそく注文。

ペッパーステーキというものを注文。
肉の上にペッパーソースが…ってホントにペッパー…

ペッパ~


すごいです。こんな斬新な料理見たことない。本当に肉の上にコショウだけ…。
絵で見てお分かりいただけたら幸いですが、量が半端ないです。
どう見ても、コショウかけてる時に誤って蓋が取れたって位の量です。
他のは焼き飯みたいなのと、野菜炒めです。
むせながらいただきました。

こりゃ度肝抜かれました。

05

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

あやしい?
背中の痛みは徐々にひいてきているけど、やっぱり朝起きるときや運動は辛い。

今週一杯は、数学の先生のお言葉に甘えて授業はありません。
しかし、授業の予習や後に開くセミナーのプランも考えなくてはいけません。

最近は、停電が計画停電になっており日中は電気がありません。
なので、冷蔵している野菜や果物は大抵傷んでしまいます。
これから、さらに乾季に入るので隔日停電か2日間停電が考えられます。

で、そういう時はどうしてるかというと、ろうそくを立ててその灯火の元に
勉強や手紙をかいたり、本読んだりしてます。

はたから見ると、あやしい(笑)

04

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 7  Trackback: 0

行かなきゃ!
完治ではないけど、もうこれ以上生徒を待たせるわけにもいかないし、代わりの先生にも悪いので、学校に行くことにした。

一歩外に出ると、近所の沢山の人に

「カバダ!もう大丈夫か?いいのか?」

と聞かれまくった。何で知ってんの?と思ったが、おそらくガードマンが話したんだろうと思う。
でも、声をかけられて元気がでた。

学校に行くと、先生達に

「大丈夫だったか!?元気か?」

と、優しい声と

「何食ったんだ!ちゃんと食べものえらべよ!水はボイルしたのか!?」

と、お叱りの言葉もあった。いやはや面目ないと思いつつ、ウイルス性だから仕方ないじゃんとつぶやきながら聞いていた。

数学の先生にお礼を言いに行くと

「何で来た!?今週は休め!さぁ家に帰りなさい!来週からでいいからね」

ありがたい…が、そこは日本人なのか何となくしなければという思いがでてくる。
でもせっかくのご好意なので、授業はお任せすることにした。

ゆっくりと授業再開の準備でもしようかな。

03

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

もう少し!
かなり背中の調子が良くなってきた!

前かがみも、上体そらしを徐々にできるようになってきた!
しかし、ツイストなどの特殊な動きはチョッと・・・

ジジイは、今日は粉ふき芋作って、芋食って、屁こいて、寝た。

02

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アドワ勝利記念日
はいはい、背中を痛めたジジイは今日も寝たきりですよと。

今日は、アドワ勝利記念日でお休み。

アドワの戦いとは、エチオピアの歴史の中で独立を勝ち取った大きな戦争のことだ。
その戦いに勝った日として、国民の祝日となっている。

天気がとてもよかったので、チビチビ動きながら外に出てお茶を飲みながら読書をしました。

いや~優雅なひと時だなぁ・・・

一瞬空が暗くなったと思った瞬間

ベチャ!!

目の前に、肉!!??

肉が落ちてきました。おそらくトンビか何かの大型の鳥が、お見舞いに肉をくれたようです。
気持ちだけ受け取っておきました。
ありがとう、トンビさん。快気祝い、楽しみにしてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。