FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

海外青年協力隊にいくまで,そして活動報告も含めながら内容をUPしていきたいとおもいます。 いろいろコメントもらえると嬉しいなぁo(^皿^)o


プロフィール

ライオンさん

Author:ライオンさん
Hi! This blog is state of my life of Ethiopia.
I've been living in there as volunteer.
If you could, You can feel free to write your comment!

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: バハルダール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

話を如何に聞くか…

ドイツでサッカーの事を勉強しているミッシェルさん(日本人)という人と会った。

彼との会話の中で、日本と欧州での考え方は違うという話になった。

その中で出てきた話の1つを紹介します。

ちょっと極端な話なので、大目に読んでくださいね。



みなさんは、よくアメリカ映画や海外の映画を見ているときに

監督や先生が話しているのを、生徒がふんぞり返ったり、ガムをクチャクチャ食べたりしながら聞いているシーン

見たことありませんか?

日本だと

『なんだ!その態度は!それが人の話を聞く態度か!!』

と叱られます。


ミッシェルさんはこう言います。

「日本は『聞き方』を大事にする、欧州は『聞くこと』を大事にする。」と。

つまり、欧州は監督や教師が話していることに対し、態度ではなく、聞くことが大事だと言っています。

態度が良くても、彼らの言っていることを聞いていないのなら意味がありません。


逆に態度が悪くても、彼らの言葉を聞いていて、刺激を受け、理解しているならいいじゃないか。

態度や品格は後からついてくる、といった感じです。


なるほど、自分も小学校のころ、先生の話は『早く終わんないかなぁ~』なんて聞いてないこともありました。

聞き方はきちんとしていても、聞くことはしてなかったかも・・・。


日本は礼の国ですから、作法や礼儀から伴う姿勢や意識はあると思います。

姿勢や態度がきちんとしていれば、気持ちも引き締まり、人の話を聞くという風になるのも一理です。

教育の観点も、知れば知るほど面白いです。


ガムを食べながらや、踏ん反りかえって聞いていても、注意されない理由、納得です。

もちろん、注意している先生や監督もいるだろうし、

単に態度が悪い上に聞いてない生徒もいるでしょうけどね(笑)




スポンサーサイト

Comments

文化の違いって面白いね!!
…確か,二本松の研修時代に,ライオンさんも同じようなことを言ってましたね。

講義の途中で顔洗っても怒られないとか何とかと…

眠いままで頭に入らない状態でいるよりも,一時退席してでもしっかり頭に入れようとしていると見れば,なるほど…と,当時思ったのを覚えています。

日本にいる自分からすると,周りの人への影響(集中できなかったり,子供であれば格好をマネしたり…)なんてのも気になるところですが…。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。